【プレミア12】豪州が東京五輪の出場権獲得へ繋がる米国撃破 韓国、台湾と1枠を争う

【プレミア12】豪州が東京五輪の出場権獲得へ繋がる米国撃破 韓国、台湾と1枠を争う

アメリカに勝利したオーストラリア代表【写真:Getty Images】

スーパーラウンド成績を1勝3敗とし、出場権獲得の可能性を残す

■オーストラリア 2-1 アメリカ(プレミア12・13日・東京ドーム)

「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は13日、アメリカとオーストラリアが東京ドームで戦い、2-1でオーストラリアが勝利した。これでスーパーラウンド成績を1勝3敗とし、今大会での東京五輪出場権獲得の可能性を残した。現役時代に登録名「ディンゴ」中日でプレーしたデーブ・ニルソン監督は「今日の試合はとてもいい内容だった。投手陣がいい仕事をしてくれた」と喜びを語った。

 オーストラリアは初回、先頭のティモシーが四球を選ぶと、続くキャンベルが右前打。さらにキャンベルが四球で満塁とし、この好機でグレンディニングが2点適時打を放ち、先制に成功した。ネルソン監督は「才能あふれるアメリカチームに対し、しっかり準備をして取り組めた。1回にしっかり攻撃できたこと、また外野など守備がよかった」とうなずいた。

 さらに先発のアザートンは5回1/3を投げ、1安打2四球4奪三振、無失点の快投。アザートンは「速球は内角、外角に攻められた。またできるだけスイングしてもらうことを考えた。いずれにしても攻撃的にいこうとした。守備への信頼をベースに取り組めたと思う」と振り返る。その後も継投で打線を抑え、アメリカは4安打1点止まり。打線、守備、投手がすべて噛み合った試合となった。

 今大会では開催国枠の日本を除くアジア・オセアニア大陸から上位1チームが東京五輪への出場権を得ることができる。韓国、台湾とその枠を競うオーストラリアにとっては大きな1勝。ネルソン監督は「日本以外のすべてのチームが狙っているところだと思いますが、プレミア12は各試合を戦っていくことが大事。次のチャイニーズ・タイペイ戦をしっかり戦いたい」と力を込めた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)