【プレミア12】侍J、日韓決勝“前哨戦”は辛勝 打線爆発14安打10得点、スーパーR首位で決勝へ

【プレミア12】「侍ジャパン」は「プレミア12」の韓国戦に10-8で勝利 17日に決勝

記事まとめ

  • 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「プレミア12」の韓国戦を戦い勝利
  • 同点で迎えた3回に打者一巡の猛攻で6点を奪って突き放すと、反撃を凌いで逃げ切り
  • 侍ジャパンはスーパーラウンド4勝1敗とし首位で決勝進出、17日の決勝では韓国と対戦

【プレミア12】侍J、日韓決勝“前哨戦”は辛勝 打線爆発14安打10得点、スーパーR首位で決勝へ

【プレミア12】侍J、日韓決勝“前哨戦”は辛勝 打線爆発14安打10得点、スーパーR首位で決勝へ

侍ジャパンは韓国代表相手に10-8で勝利【写真:荒川祐史】

3回に打者一巡の猛攻で一気に6点を追加

■日本 10-8 韓国プレミア12・16日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のスーパーラウンド最終戦の韓国戦を戦い、10-8で勝利した。同点で迎えた3回に打者一巡の猛攻で一気に6点を奪って突き放すと、韓国の反撃を何とか凌いで逃げ切った。17日に行われる決勝の前哨戦となった試合に勝ち、決戦に弾みをつけた。

 侍ジャパンは2回、スタメン復帰した菊池涼介内野手(広島)の適時打で1点を先制。3回に先発の岸孝之投手(楽天)がファン・ジェギュンにソロを浴びて同点とされたが、直後の3回に打線が爆発。先頭の坂本勇人内野手(巨人)から5連打が飛び出し、6者連続得点で6点を奪って韓国を突き放した。

 4回に岸が韓国打線につかまり、1点差に迫られたものの、5回に甲斐拓也捕手(ソフトバンク)の中前安打を皮切りに、山田哲人内野手(ヤクル)の左前適時打、丸佳浩外野手(広島)の適時二塁打で2点を加えて、再びリードを広げた。先発の岸は4回6失点で降板。5回からは大野雄大投手(中日)、山岡泰輔投手(オリックス)、嘉弥真新也投手(ソフトバンク)、大竹寛投手(巨人)、田口麗斗(巨人)と繋いで、韓国の猛反撃に遭いながらも、なんとか食い止めてリードを守った。

 この勝利で侍ジャパンはスーパーラウンド4勝1敗となり、首位での決勝進出が決定。17日の決勝では、スーパーラウンド3勝2敗だった韓国と再び対戦する。既に決勝進出が決まっていた両チームは、この日は主力をスタメンから外したり、早めに交代させるなど、決勝に向けて戦力を“温存”。それでも試合は白熱の試合に。頂点を決める決勝は、真の日韓決戦となる。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)