【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督「最高です!」 宿敵韓国破り、10年ぶり世界一に男泣き

【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督「最高です!」 宿敵韓国破り、10年ぶり世界一に男泣き

稲葉監督が歓喜「最高です」

【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督「最高です!」 宿敵韓国破り、10年ぶり世界一に男泣き

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:荒川祐史】

2回に山田が逆転3ラン、7投手が決死のリレーでリードを守り抜く

■日本 5-3 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦に5-3で勝利し、世界一に輝いた。試合後、選手の手で8度胴上げされた稲葉篤紀監督は「最高です」と歓喜の声をあげた。

 初回に先発の山口が3失点。だが、その直後に4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時二塁打で1点を返すと、2回2死一、二塁の好機で山田が左翼スタンド中段に飛び込む3ランを放って逆転に成功。試合をひっくり返すと、2回からは中4日での登板となった高橋礼投手(ソフトバンク)が2イニングを無失点に封じるなど決死の継投でリードを守り、最後は守護神の山崎康晃投手が締めくくった。

 試合後のインタビューで指揮官は「日の丸をつけて野球界のために世界一になりたいと、選手たちが一心にやってくれました。やはりアジアのライバルとして韓国は強い。世界一になりましたけど、来年の五輪でもいい勝負ができたらと思います」と韓国との激戦を振り返った。

 勝因については「選手が諦めないとそういう気持ちでやってましたので、必ず逆転できると信じていました。とにかく宮崎から始まって日々練習に取り組んでくれて、世界一になりたいとやってきた。選手のおかげです」と語った。

 2015年に行われた第1回のプレミア12では、準決勝で韓国に敗れて優勝を逃していた侍ジャパン。4年前の雪辱を果たし、主要な国際大会では2009年の第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)以来となる、10年ぶりの世界一に輝いた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)