広島ドラ1森下の背番号は「18」に ド軍移籍の前田健太以来5年ぶり復活

広島ドラ1森下の背番号は「18」に ド軍移籍の前田健太以来5年ぶり復活

広島からドラフト1位指名を受けた明治大・森下暢仁【写真:篠崎有理枝】

今季58試合登板の菊池は「39」に、今オフ支配下契約の大盛は「59」

 広島は21日、新入団選手の背番号と、所属選手の背番号変更を発表した。明大からドラフト1位指名された森下暢仁投手は「18」決まった。広島の「18」は前田健太投手がドジャースに移籍した2016年から4年間空き番号だった。

 所属選手では今季58試合に登板した菊池保則投手が「59」から「39」に、今オフに支配契約を結んだ大盛穂外野手が「124」から「59」に変更となった。

背番号は以下の通り

【背番号変更選手】
菊池保則選手 「59」→「39」
大盛穂外野手 「124」→「59」

【新入団選手】
森下暢仁投手 「18」
宇草孔基外野手 「38」
鈴木寛人投手 「52」
韮澤雄也内野手 「54」
石原貴規捕手 「62」
玉村昇悟投手 「65」
持丸泰輝捕手 「123」
木下元秀外野手 「124」
畝章真投手 「120」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)