楽天福井、同級生・大石の引退に寂しさも… 「現役を続けられるように頑張りたい」

楽天福井、同級生・大石の引退に寂しさも… 「現役を続けられるように頑張りたい」

契約更改を行った楽天・福井優也【写真:高橋昌江】

契約更改では200万円減の2300万円でサイン

 楽天の福井優也投手は21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円減の2300万円でサインした(金額は推定)。

 交換トレードで広島から移籍し、楽天で初めてのシーズンは8試合に先発し、3勝1敗、防御率5.18の成績だった。交渉の席では「言いたいことも言えた。しっかり話ができたのでいい交渉だったと思います」と頷いた。3勝はすべてリーグ優勝した西武から挙げており、その点は評価された。

 昨季は3試合の登板に終わっており、「まだ投げられるというのを周りにも示せたと思いますし、自分の中でも戦えると感じました」と話した。早大の同級生・大石達也(西武)が現役を引退。「寂しい気持ちもありますが、これがプロの世界。本人もわかっていたと思う。今度は自分の番にならないように、現役を続けられるように頑張りたいと思います」と、楽天で輝きを取り戻す覚悟を改めてにじませた。

 来季は10年目を迎える。「数字というよりも1年間、ローテーションで回れるように、使ってもらえるように、オフシーズンをしっかりやりたいなと思います。来シーズンはチームの優勝のために1試合でも多く投げて、1試合でも多く勝てるように頑張りたいと思います」と福井。2013年以来のリーグ優勝、日本一に貢献するために右腕を振るう。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)