【MLB】ア軍“サイン盗み”に米ファンの半数以上が“黒認定” 17年WSタイトル剥奪を支持

【MLB】ア軍“サイン盗み”に米ファンの半数以上が“黒認定” 17年WSタイトル剥奪を支持

2017年にワールドシリーズを制覇したアストロズ【写真:AP】

経済誌「フォーブス」が電話調査の結果を発表

 アストロズがワールドシリーズを制した2017年に組織ぐるみで“サイン盗み”を行っていた疑惑は大リーグ機構も調査に動き出すなど大きな騒動に発展している。世界有数の経済誌「フォーブス」は多くのファンが世界一のタイトルを剥奪を支持していることを伝えている。

 経済誌「フォーブス」は「疑惑が本当であれば、アストロズは2017年のタイトルを剥奪されるべきと新しい調査が主張」との見出しで、ファンが“サイン盗み疑惑”をどう感じているかを伝えた。

 記事では721人に電話調査を行った結果「驚愕の52%がアストロズはワールドシリーズのタイトルを剥奪されるべき、35%がノー、14%が意見なしと回答した」と、半数以上がタイトル剥奪を支持していることを指摘。

 これまでに電子機器を使用してサインを盗んでいる疑惑がでているが「69%の人が他球団も電子機器を使用してサインを盗んでいたと思っていると回答」と、ファンも疑惑から“確信”に変わっている様子をレポートしている。

 大リーグ機構のマンフレッド・コミッショナーはすでに今回の疑惑を徹底的に調査することを口にしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)