DeNAドラ1森、目標の選手像は「長くファンに愛される選手」 “感動の1プレー”誓う

DeNAドラ1森、目標の選手像は「長くファンに愛される選手」 “感動の1プレー”誓う

入団会見に臨んだDeNAのドラフト1位・森敬斗【写真:編集部】

会見中には緊張で質問を忘れ、「緊張はしないタイプなのに…」

 DeNAは22日、新入団選手会見を横浜市内で行った。ドラフト1位で指名を受けた森敬斗内野手(桐蔭学園高)は会見で所信表明を行い、プロでの目標を語った。「10年、20年と長く結果を出し続けられ、長くファンの方に愛される選手になりたい」と目を輝かせた。

 会見の冒頭、さっそくそのクレバーさを表した。「僕は“泰銘”という言葉を選びました。“泰”には物事に流されない、一喜一憂しないという意味が込められている。心の中に波があったら活躍は難しいと思います。またプロは周りから見られる目も変わると思うので、周りの方、観客、ファンの方を魅了するという意味で“銘”の字を選びました」。

 高校3年生とは思えない言葉選びだったが、自分で選んだものだといい「ありきたりの言葉はちょっと嫌だった。素直に自分の今の気持ちを出せる言葉だった」と話す。

“銘”の字を選ぶきっかけとなったのは2018年、高校2年で出場した秋の関東大会だった。新主将となった森は決勝戦の春日部共栄戦で勝ち越し弾を含む2本塁打を放つ活躍を見せてチームを優勝に導き、翌年春の選抜大会にも出場を果たした。「高校の時からプレー1つで周りの目が変わるということを感じた。それは良きにしろ悪きにしろそうだと思う」と森。大きな数字にこだわるのではなく、感動を与える1プレーを目標に選んだ。

 チームで唯一の1桁空き番だった背番号6を渡された。「すごく期待が大きいと感じる、責任を感じる」と表情を引き締める。そういった緊張からか、会見中には質問内容を忘れてしまう場面も。そんなアクシデントに「緊張はしないタイプなのに、しゃべっているうちに……。知らない間に緊張していたのかも」と自分でも驚いた様子だった。

 そんな緊張の中で「愛される選手に」と何度も呟いたのは本心からの言葉なのだろう。「1つの自分の全力プレーで、周りの人から愛されるようになりたい」。横浜スタジアムで森の大きなプレーが見られる日が待ち遠しい。

以下、会見中の一問一答。

――ベイスターズのユニホームに袖を通して。
「やっとプロの世界に入り、ベイスターズの一員になれたのだなと思った。同時に責任感も感じ、頑張ると決めた。それが率直な思いでした」

――見てもらいたい点、持ち味。
「先ほども“銘”という字を出しましたが、感動を与えたい。高校の時からプレー1つで周りの目が変わるということを感じた。それは良きにしろ悪きにしろそうだと思い……すみません、質問を忘れました(笑)。1つの自分の全力プレーで、周りの人から愛されるようになりたいと」

――目標とする選手は。
「桐蔭学園高のOBでもある鈴木大地選手です。人間として尊敬できる部分がたくさんあるので、話してみてもいい方ですし、尊敬している。見習いたい」

――プロでの目標と意気込みは。
「具体的に数字というのはないですが、10年、20年と長く結果を出し続けられ、長くファンの方に愛される選手になりたいです」(臼井杏奈 / Anna Usui)

関連記事(外部サイト)