現役復帰目指す新庄氏、仰天表明も米記者は“納得”「いつもドラマチックな演出を…」

新庄剛志氏が現役復帰目指すと表明 米記者は「ドラマチックな演出をする才能」と注目

記事まとめ

  • 新庄剛志氏が来年の「12球団トライアウト」を受けることを発表し、現役復帰を目指す
  • 新庄氏は阪神タイガース、日本ハムファイターズ、メッツ、ジャイアンツで活躍
  • ダン・マクラフリン記者は「ドラマチックな演出をする才能があった」と挑戦に注目した

現役復帰目指す新庄氏、仰天表明も米記者は“納得”「いつもドラマチックな演出を…」

現役復帰目指す新庄氏、仰天表明も米記者は“納得”「いつもドラマチックな演出を…」

現役復帰を目指すことを宣言した新庄剛志氏【写真:Getty Images】

自由契約選手として公示され、来季の12球団トライアウトを受験する新庄氏

 阪神、日本ハム、メッツ、ジャイアンツで活躍した新庄剛志氏は来年の「12球団トライアウト」を受けることを発表し現役復帰を目指すことを表明している。1%の可能性を追い求めトレーニングを続ける男に米メディアも注目しているようだ。

 現役時代にはプロ通算1411試合出場、打率.254、205本塁打、716打点をマーク。メジャーでは303試合に出場し打率.245、20本塁打、100打点。日本人選手初のワールドシリーズ出場など日本時代同様に記録よりも記憶に残る男として人気も高かった。

 国内外の経済&文化誌「National Review」のダン・マクラフリン記者は自身のツイッターで新庄の現役復帰報道について「シンジョウにはいつも、ドラマチックな演出をする才能があった」と発言。これまで不可能を可能としてきた新庄氏の挑戦を注目している。

 すでに日本野球機構(NPB)は新庄氏を自由契約選手として公示している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)