西武源田、3年目で大台1億円突破 6000万円増の1.4億円で契約を更改

西武源田、3年目で大台1億円突破 6000万円増の1.4億円で契約を更改

契約更改に臨んだ西武・源田壮亮【写真:安藤かなみ】

今季はフルイニング出場が299試合で途切れるも135試合に出場

 西武の源田壮亮内野手が3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、6000万円増の年俸1億4000万円でサインした。(金額は推定)

 2017年に入団し、ルーキーながら遊撃手として開幕スタメン入りを果たし不動のショートとしてチームを支えてきた源田。今年は4月13日のオリックス戦で右手首に死球を受けた影響で、翌日の試合のスタメン出場を回避。連続フルイニング出場が299試合でストップするハプニングにも見舞われたが、球団は源田の働きを最大限に評価。3年目での大台超えとなった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)