ハム大田が3500万円増の年俸1億円で契約更改 来季へ「4番にチャレンジしたい」

ハム大田が3500万円増の年俸1億円で契約更改 来季へ「4番にチャレンジしたい」

契約更改に臨んだ日本ハム・大田泰示【写真:石川加奈子】

今季はキャリアハイの打率.289、20本塁打、77打点をマークした

 日本ハムの大田泰示外野手が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3500万円増の年俸1億円でサインした。プロ12年目にして初の大台に到達した(金額は推定)。

 大田は今季132試合に出場し、打率.289、20本塁打、77打点、161安打をマーク。いずれもキャリアハイの成績を残した。「よく頑張ってくれたと言ってくれましたね。自分としては、満足してないですし、まだまだできると思っていますし、これは通過点」と今季を振り返った。

 大田は東海大相模高から2008年ドラフト1位で巨人に入団。2017年に交換トレードで日本ハムに加入して才能が開花。来季へ向けて4番奪取も見据えた。「(吉村)GMもそこに対して期待していますと言ってくれていますし。今はファイターズの4番は中田翔という外せない選手が務めているので、4番を打つというのは難しいとは思いますけど、そこにチャレンジして。頼れる選手になっていけば、理想の4番というか、席に座れると思う」と力を込めた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)