中日と育成契約、31歳の元メジャー戦士シエラが母国ドミニカWLで躍動

中日と育成契約、31歳の元メジャー戦士シエラが母国ドミニカWLで躍動

2018年はナショナルズでプレーしたモイセ・シエラ【写真:Getty Images】

メジャー通算207試合出場、打率.235、9本塁打をマークした

 中日は6日、新外国人選手としてルイス・ゴンサレス投手、モイセ・シエラ外野手の獲得を発表した。ともにドミニカ共和国出身。ゴンサレスは支配下契約で背番号は「57」、シエラは育成契約で背番号「211」。

 31歳のシエラは右投げ右打ち。ブルージェイズ、ホワイトソックス、ナショナルズを経て今季はメキシカンリーグでプレーした。メジャー通算207試合出場、打率.235、9本塁打、41打点をマークしている。

 現在はドミニカ共和国のウインターリーグに参加。同リーグのツイッターによると、ヒガンテス・デル・シバオに所属するシエラは5日(日本時間6日)、エストレージャス・オリエンタレス戦の1回無死三塁の場面で一、二塁間をしぶとく破る右前適時打を放っている。

 育成契約とはいえ、昨季ナショナルズで27試合に出場した実力者。支配下契約される日は早いかもしれない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)