敏腕代理人ボラス氏、コールの新契約は「もうすぐ」MLB投手史上最高額は確実か

敏腕代理人ボラス氏、コールの新契約は「もうすぐ」MLB投手史上最高額は確実か

ウインターミーティングに出席したスコット・ボラス氏【写真:小谷真弥】

コールの代理人を務めるスコット・ボラス氏が報道陣に53分間の熱弁

 敏腕代理人のスコット・ボラス氏が10日(日本時間11日)、米カリフォルニア州サンディエゴで行われているウインターミーティングで報道陣の取材に対応。自身が代理人を務め、今オフのFA市場の目玉となっているゲリット・コール投手について、「もうすぐ決まるだろう」と新天地球団との契約が間近であると明かした。

 これまでにヤンキースがコールに7年総額2億4500万ドル(約266億1600万円)でオファーする見込みと米複数メディアが伝えられているが、スティーブン・ストラスバーグ投手が同額でナショナルズと再契約。最大の目玉であるコールには、さらなる上積みは確実。MLB投手史上最高額となる超大型契約の期待は高まっており、ボラス代理人も「コールがストラスバーグを上回る契約を結ぶのは合理的だ」とした。

 ヤンキース、エンゼルス、ドジャースなどが獲得に乗り出しているとみられるが、ボラス代理人は「さらに2つのミステリー・チームがある」。5球団以上の争奪戦となっているという。この日はウインターミーティング2日目。ボラス代理人は報道陣に対して53分間熱弁を振るい、「時間枠を付けたくないが、ここで決まる可能性はある」と12日までの決着を示唆した。コールの移籍先、どのような契約をつかむのか注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)