ヤンキース、FA目玉の剛腕コールを9年352億円で獲得! MLB投手史上最高額

ヤンキース、FA目玉の剛腕コールを9年352億円で獲得! MLB投手史上最高額

ヤンキースと契約合意したゲリット・コール【写真:Getty Images】

平均年俸39億円はMLB史上最高額、田中将大に強力な援軍

 ヤンキースがアストロズからFAとなっていたゲリット・コール投手を9年総額3億2400万ドル(約352億3300万円)で獲得した。MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで伝えた。MLB投手史上最高額で、平均年俸3600万ドル(約39億1500万円)はMLB史上最高額となった。

 9日にスティーブン・ストラスバーグ投手が7年総額2億4500万ドル(約266億1600万円)でナショナルズと再契約。ヤンキースはエンゼルス、ドジャースなどとの熾烈な争奪戦で、わずか1日でMLB投手史上最高額を更新した。なお、メジャー史上最高契約はエンゼルスのマイク・トラウト外野手の12年4億2650万ドル(463億2000万円)。

 契約にはトレード拒否権がつき、5年目の2024年オフには契約を破棄できるオプトアウト権もついた。

 コールはメジャー7年目の今季33試合先発して自己最多の20勝(5敗)、リーグベストの防御率2.50をマーク。3年連続200回投球となる212回1/3を投げ、史上初の9試合連続2桁奪三振をマークするなど、両リーグ最多の326三振を奪った。メジャー通算成績は192試合、94勝52敗、防御率3.22。1195イニングで1336奪三振を記録している。

 田中将大投手が所属するヤンキースは今オフ先発陣の補強が至上命題だった。少年時代にヤンキースファンだった剛腕を獲得し、来季は11年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指す。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)