巨人坂本勇、燕山田哲…大学まで硬式野球一筋の芸人が挑戦する本気のモノマネ芸

巨人坂本勇、燕山田哲…大学まで硬式野球一筋の芸人が挑戦する本気のモノマネ芸

お笑いコンビ・ナチョス。のにしむらさん【写真:編集部】

中学時代は調布シニア所属、高校は興南出身と名門歩む

 小学校から野球を始め、中学は清宮幸太郎(日本ハム)を輩出した調布シニア。高校は憧れだった沖縄・興南高で甲子園を目指した。聖地を踏むことはできなかったが、不完全燃焼のまま野球を終えられないと、玉川大学に進み、4年間、硬式野球と向き合った。そんな男が今度は芸の道で日本一を目指そうとしている。お笑いコンビ・ナチョス。のにしむらさんの野球モノマネがSNSで話題を呼んでいる。「Full-Count YouTube」ではクオリティの高い芸を紹介している。

 大学時代の野球部の同級生とコンビを組み、今年のM-1グランプリにも挑戦した。まだ芸歴1年目と日は浅く、自分の存在を世に広めていこうと、SNSで野球モノマネを披露すると、野球ファンがフォロワーになった。ただのモノマネではつまらないと、“誇張モノマネ”で笑いを取る。特徴を捉えたうえで、オーバーに表現するのがポイントだ。

 野球があったから今がある。興南ではレギュラーになれなかったが、家を離れて寮生活をし、厳しい練習に耐えた自負がある。いばらの道ともわかっているが、漫才で頂点を取りたいという夢も持つ。「SNSで上げているモノマネが直接、漫才につながっていないかもしれませんが、そこで知ってもらえて、僕らが漫才をやっているとわかってもらったときに『この芸人はモノマネをしているけど、どんな漫才するんだろうと興味を持ってもらいたい」と野球で培ったメンタルで果てしない夢へと進んでいく。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)