レイズ入りの筒香をMLB公式が特集 “スペイン語力”にも注目「隠れた才能」

レイズ入りの筒香嘉智をMLB公式サイトが特集 「でたらめなスペイン語は隠れた才能」

記事まとめ

  • 筒香嘉智がポスティングシステム(入札制度)を利用してDeNAからレイズに移籍した
  • MLB公式サイトは「レイズの新型スラッガー、ツツゴウの5つの愉快な事実」と特集した
  • 筒香は大谷翔平や松井秀喜氏と比較される事が多いが、憧れはイチロー氏と語ったそう

レイズ入りの筒香をMLB公式が特集 “スペイン語力”にも注目「隠れた才能」

レイズ入りの筒香をMLB公式が特集 “スペイン語力”にも注目「隠れた才能」

レイズに移籍した筒香嘉智【写真:AP】

筒香の「5つの愉快な事実」を特集、背番号「25」に込められた思いも紹介

 ポスティングシステム(入札制度)を利用してDeNAからレイズに移籍した筒香嘉智外野手。契約内容は2年総額1200万ドル(約13億3000万円)、背番号はDeNA時代と同じ「25」となった。MLB公式サイトでは「レイズの新型スラッガー、ツツゴウの5つの愉快な事実」と特集。記者会見で披露したスペイン語について「隠れた才能」と注目している。

 フロリダにやってきた日本人スラッガーが脚光を浴びている。記事では「日本で過去10年間、最も功績を残した打者の1人でありながらも、ヨシトモ・ツツゴウにとって、メジャーでプレーすることは常に魅力だった」と紹介。通算205本塁打を記録したDeNA時代にも開幕前に毎年、ロサンゼルスでトレーニングを行っていたことなどにも言及している。

 そして、左の大砲に関する5つの「愉快な事実」も紹介。1つ目は背番号「25」に込められた深い意味だ。横浜での過去10年間のうち8年間、25番を背負った筒香だが、記事では尊敬する先輩との絆に注目。「日本のスター、シュウイチ・ムラタから与えられた番号だった。彼は9年間横浜でプレーし、ツツゴウとも2年間プレーした。移籍に際して、ムラタはこの背番号を着てもらうように頼んだ。それはあまりに大きな栄誉とみなされている」とレポート。「ベイスターズでも着ていました。ここでも着られればいいと考えていました」という筒香のコメントも伝えている。

 2つ目はドミニカ共和国でのウインターリーグへの武者修行経験。2015年オフにレオネス・デル・エスコギードでのプレーしたことに触れ、「異文化への適応を継続することを目指していた」と指摘している。記者会見でも「パララカイエ、バモス(ホームラン打つぜ!)」とスペイン語を披露していた筒香だが、ドミニカ共和国で学んだ「ブロークンスパニッシュ(でたらめなスペイン語)は隠れた才能となっている」と評価した。

筒香の憧れの選手は…DeNA時代のチャントにも注目

 3つ目は家族について。すでに既婚者で1歳半の女児の父であることも紹介。長女がまだ小さいことから、しばらく単身赴任になる可能性もあると伝えている。4つ目はお気に入りの選手。MLB公式サイトが「左打ちで凄まじいパワーでヒットを打つ」と評価している筒香については、同じ左の大砲のエンゼルス・大谷翔平投手、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が引き合いに出されることが多いものの、憧れは「背番号51」だと言及。筒香は実際に「小さな頃は松井さんを目標にしていましたが、イチローさんはいつでも見ていて、目標にしていた選手です」と語ったという。

 5つ目はファンからのチャント。横浜では打席に入ると鳴り物と応援歌で観衆は盛り上げてくれたが、米国ではその文化はない。それでも、筒香が「ここでは鳴り物は禁止ですが、ファンの叫び声を生で聞けたらワクワクしますね」と語ったことに注目している。

 米国でもツツゴウコールは鳴り響くのか。期待の助っ人として、大きな期待を集めている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)