7人が動いたロッテと楽天の“大量移籍劇” 来季はどっちが笑う?

7人が動いたロッテと楽天の“大量移籍劇” 来季はどっちが笑う?

ロッテに加入した美馬学(左)と楽天に加入した鈴木大地【写真:佐藤直子、高橋昌江】

楽天に鈴木、涌井、酒居の3選手が加入した

 今オフ、ストーブリーグの“主役”となっているのがロッテと楽天だ。ロッテはFAの美馬学(楽天)、福田秀平(ソフトバンク)を獲得、一方の楽天もFAの鈴木大地(ロッテ)を獲得するなど活発に補強を進めている。

 特徴的なのはロッテから楽天、楽天からロッテへの選手の往来が激しいこと。今オフ、両チーム間で動いた選手は以下の通り。

【ロッテ→楽天】
○鈴木大地内野手 FA移籍 
 東洋大から2011年ドラフト3位でロッテ入団。内外野をこなすユーティリティープレーヤー。遊撃手として2度のベストナイン(2013、16年)、二塁手としてゴールデングラブ賞(17年)に選出されている。通算1061試合出場で999安打、打率.274をマークしている。 

○酒居知史投手 美馬学投手の人的補償で獲得
 社会人を経て2017年ドラフト2位でロッテ入団。1年目は先発で5勝をマークし、3年目の今季は救援で54試合、5勝4敗、20ホールドと活躍した。

○涌井秀章投手 金銭トレード
 横浜高から2004年ドラフト1位で西武入団。14年にロッテにFA移籍した。通算133勝128敗、37セーブ、防御率3.51。最多勝3度(2007、09、15年)、09年に沢村賞に選ばれている。今季は18試合で3勝7敗にとどまった。西武時代に、楽天石井GMや岸孝之投手、来季加入する牧田和久投手らと一緒にプレーしている。

ロッテには美馬、小野、ハーマンの3投手と西巻内野手が加入

【楽天→ロッテ】
○美馬学投手 FA移籍
 東京ガスから2010年ドラフト2位で楽天入団。入団3年目の日本シリーズでMVPを獲得した。今季は自身4度目の規定投球回に到達(143回2/3)。8勝5敗、防御率4.01だった。通算185試合登板、51勝60敗、防御率3.82。

○小野郁投手 鈴木大地内野手の人的補償で獲得
 西日本短大付高から2014年ドラフト2位で入団。今季は自己最多の13試合登板、0勝0敗、防御率6.27。2軍では35試合に登板して2勝3敗14セーブ、防御率3.32の好成績だった。

○フランク・ハーマン投手 入団決定
 メジャー通算109試合登板を誇る35歳の右腕。2017年に楽天に入団し、主にセットアッパーとして活躍。NPB通算153試合、10勝7敗、19セーブ、66ホールド、防御率2.59。今オフに自由契約になっていた。

○西巻賢二内野手 楽天戦力外→テスト入団
 仙台育英高から2017年ドラフト6位で入団。1年目に25試合に出場、打率.247をマークした。しかし今季は2試合出場にとどまりオフに戦力外通告。育成契約を打診されるも断り、ロッテにテスト入団した。

 今季両チームは激しい3位争いを演じ、71勝68敗4分けで楽天がクライマックスシリーズに進出。ロッテは69勝70敗4分けで2ゲーム差の4位に終わった。対戦成績はロッテが13勝10敗2分けで勝ち越している。計7人が動いた両軍による“大シャッフル”はどんな結果になるか、来季の戦いが今から待ち遠しい。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)