金田正一、バッキー、竹中雅彦、元楽天ファンミル… 2019年この世を去った野球人【後編】

金田正一、バッキー、竹中雅彦、元楽天ファンミル… 2019年この世を去った野球人【後編】

NPB史上最多の400勝を挙げた金田正一さん【写真:細野能功】

バッキーは阪神でNPB通算100勝80敗1596回2/3、防御率2.34

 今年世を去った野球人を、7月以降も見ていこう。昭和野球史を彩った人たちだ。

○グレン・ミケンズ(7月9日 88歳)近鉄元投手
 1953年ドジャースでプレー。キャリアの大部分をマイナーで過ごしたが、1959年近鉄に入団。2年連続2桁勝利を挙げるなどエース級の働き。NPB初の「1球勝利」も記録した。MLB通算0勝1敗6.1回、防御率11.37。NPB通算45勝51敗908回2/3、防御率2.54。オールスター出場2回。

○ルーク・ファンミル(7月28日 34歳)楽天元投手
 オランダ出身。2005年にツインズとマイナー契約するもメジャー昇格はならず。2014年に楽天入団。しかし1シーズンで退団。身長216センチはNPB史上最高身長。NPB通算0勝1敗8回2/3、防御率4.15。オランダでプレーしていたが交通事故で死亡。

○鎌田実(8月1日 80歳)阪神、近鉄元内野手
 洲本高から1957年阪神に入団。名二塁手として活躍。打っては2番打者としてつなぐ打撃。近鉄を経て阪神に復帰。引退後は阪神、近鉄コーチ、解説者。NPB通算1482試合4451打数1041安打24本塁打264打点84盗塁、打率.234。

○岩郷泰博(8月2日 75歳)巨人元内野手
 高知商から1962年巨人に入団。1シーズンだけプレーし、翌1963年退団。NPB通算5試合5打数1安打0本塁打0打点0盗塁、打率.200。

○佐藤茂富(8月19日 79歳)砂川北高、鵡川高元監督
 岩見沢東高から北海道学芸大を経て栗山高監督に。71年に砂川北高監督になり甲子園出場3回、97年に鵡川高監督となり甲子園出場3回。北海道野球界を代表する名伯楽と言われた。教え子に元ダイエーの西島貴之など。

○後藤修(9月10日 85歳)巨人など元投手
 岩田南高から松竹に。以後左腕投手として大洋松竹、東映、大映、巨人、近鉄、南海、西鉄でプレー。NPB最多の8球団を渡り歩き「ジプシー後藤」の異名をとる。NPB通算18勝31敗455回1/3、防御率3.81。引退後はゴルフ指導者になり、尾崎将司や中島常幸らを指導。

○ジーン・バッキー(9月14日 82歳)阪神、近鉄元投手
 ハワイのマイナーリーグから1962年入団テストを受けて阪神に。1964年に29勝を挙げて最多勝。先発投手として活躍。1964年近鉄に。アメリカ出身外国人選手としてはNPB最多タイの100勝を記録。NPB通算100勝80敗1596回2/3、防御率2.34。最多勝1回、最優秀防御率1回、沢村賞1回、ベストナイン1回。オールスター出場5回。

○ボビー・ミッチェル(9月29日 75歳)日本ハム元外野手
 ヤンキース、ブリュワーズを経て1976年日本ハムに。一発狙いの荒っぽい打撃ながら抜群の長打力。1978年本塁打王。同時に4年連続で最多三振。MLB通算273試合609打数143安打21本塁打91打点14盗塁、打率.235。NPBでは474試合1718打数429安打113本塁打294打点22盗塁、打率.250。本塁打王1回、オールスター出場1回。

○金田正一(10月6日 86歳)国鉄、巨人元投手
 享栄商を中退して1950年国鉄に入団。先発左腕として14年連続20勝を挙げるなど昭和を代表する投手となる。1965年には10年選手の権利を行使して巨人に移籍。NPB史上最多の400勝を挙げる。引退後はロッテ監督、解説者。またプロ野球名球会も創設した。NPB通算400勝298敗5526回2/3、防御率2.34。最多勝3回、最優秀防御率3回、最多奪三振10回。沢村賞3回、ベストナイン3回。オールスター出場17回。1988年野球殿堂入り。

竹中雅彦氏はタイブレークの導入、「球数制限」議論などでも尽力

○山本哲也(10月13日 85歳)阪神元捕手
 熊本工から1953年に阪神入団。好守の捕手として小山正明、村山実らエース級の信頼を得る。引退後は阪神コーチ。NPB通算854試合1655打数341安打12本塁打109打点29盗塁、打率.206。オールスター出場2回。

○竹中雅彦(10月16日 64歳)日本高校野球連盟事務局長
 和歌山・桐蔭高では軟式野球。成城大で硬式野球に転向。和歌山県高野連理事長などを経て2011年に日本高野連事務局に入り、2013年12月から事務局長。タイブレークの導入、「球数制限」議論などでも尽力。8月のU-18ワールドカップにも帯同するなど精力的に活動していただけに、突然の死は関係者を驚かせた。

○川端俊介(10月22日 56歳)高崎高元投手
 高崎高時代に春の甲子園に出場。早稲田大学を経て小学校教諭。スポーツノンフィクションの名作、故山際淳司の「スローカーブを、もう一球」の主人公。

○原野和夫(11月9日 91歳)パシフィック・リーグ元会長
 東京大学農学部を経て1950年に時事通信社に入社。代表取締役社長に。退任後の1991年1月22日、パシフィック・リーグの第8代会長に就任。野茂英雄のMLB移籍など、多難な時代のパ・リーグのかじ取りをした。

○橋野純(11月16日 71歳)観音寺中央高元監督
 丸亀商監督を経て1992年、観音寺中央高監督に就任。1995年に春のセンバツに初出場し、初優勝を果たす。その後四国学院大の監督、総監督も務めた。

○田中達夫(11月27日 92歳)南海、阪急元投手
 佐世保商、下川商事を経て1950年南海に入団。1952年に阪急移籍。NPB通算4勝4敗92回2/3、防御率2.81。

○醍醐猛夫(12月11日 81歳)毎日・大毎・東京・ロッテ元捕手
 早実高時代は2年後輩の王貞治とバッテリーを組み甲子園で活躍。1957年毎日に入団。捕手としてオリオンズ一筋18年。引退後もロッテのコーチとして活躍。NPB通算1775試合4843打数1132安打81本塁打472打点50盗塁、打率.234。オールスター出場4回。

○高井保弘(12月13日 74歳)阪急元内野手
 今治西高から名古屋日産モーターを経て1964年に阪急入団。1974年にNPB記録を更新する14本目の代打本塁打。最終的にこの記録を27本まで伸ばす。NPB通算1135試合2476打数665安打130本塁打446打点11盗塁、打率.269。ベストナイン1回、オールスター出場1回。

○原田孝一(12月24日 91歳)元阪急投手
 熊本商から1949年阪急に。1954年に15勝を挙げた右腕投手。NPB通算43勝44敗842回2/3、防御率3.22。引退義はセ・リーグ審判となる。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)