吉田輝プロ初勝利、オープナー採用、田中賢引退…日本ハム2019年10大ニュース

吉田輝プロ初勝利、オープナー採用、田中賢引退…日本ハム2019年10大ニュース

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

有原が最多勝、近藤は最高出塁率、栗山監督は球団最長9年目へ

 レギュラーシーズンを65勝73敗5分で負け越した日本ハムは2019年を5位で終えた。しかし暗い話題ばかりではなく、明るい話題もあった。2019年に起こった日本ハムの10大ニュースを振り返る。

○有原航平が自身初の最多勝、来オフにもメジャー挑戦へ

 プロ5年目の有原は、24試合に登板して15勝8敗、防御率2.46の成績。13勝のソフトバンク千賀との争いを制して自身初の最多勝に輝いた。契約更改交渉の席では、来オフにもポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦したい意向を球団に伝えたと明かした。

○近藤健介が最高出塁率&リーグトップ103四球

 今季は登録ポジションを捕手から外野手に変更して心機一転、自身初タイトルの最高出塁率を獲得した。プロ8年目で自己最多の138試合に出場し、打率.302、出塁率.422、リーグトップの103四球。外野で86試合、三塁で30試合と2つのポジションを器用にこなしながら、好成績を残した。

○清宮幸太郎が張本勲氏以来59年ぶり高卒2年目で4番に

 6連敗で迎えた8月13日のロッテ戦(東京ドーム)で、清宮が4番デビューした。高卒2年目までの4番での出場は、球団では1960年の張本勲氏以来。3打数1安打で連敗を止めることはできなかったが、同21日の西武戦(メットライフ)では4番7試合目で初本塁打を放った。一塁の守備では飛球を追って豪快にずっこけるシーンが話題となった。

○高卒ドラ1ルーキー吉田輝星がプロ初先発&初勝利

 昨夏の甲子園で金足農を準優勝に導いた右腕がプロ初先発で白星を手にした。6月12日の広島戦(札幌ドーム)で先発に抜擢されると、5回4安打1失点。初回から満塁のピンチを背負い、2回にはプロ初失点を喫したが、3回から5回は走者を1人しか出さない投球で初勝利を掴んだ。高卒1年目での初登板初勝利は2015年の安楽(楽天)以来、4年ぶり19人目の快挙となった。

○台湾で打率4割の“大王”こと王柏融が加入

 2016、17年に台湾プロ野球(CPBL)Lamigoで2年連続打率4割を記録した王柏融が鳴り物入りで加入。“大王”のニックネームを持つスター選手は注目を集めたが、1年目は88試合で打率.255、3本塁打、35打点とやや物足りない成績に終わった。来季は、背番号「99」から、引退した田中賢介氏がつけていた「3」に変更する。

オープナー実施した栗山監督、続投で来季へ期待&田中賢介が引退

○新加入の金子弌大が古巣オリックス相手に無双

 昨オフにオリックスを自由契約となり、日本ハムに移籍した金子。プロ15年目の今季は、オープナーの後を受ける“第2先発”を務めるなど難しい役割もこなし、26試合の登板で8勝7敗、防御率3.04の成績を残した。特に古巣オリックス戦では、7試合に先発して5勝0敗、防御率0.49。35イニング連続無失点も記録し、“恩返し”を果たした。

○新戦術“オープナー”、“ショートスターター”を採用

 昨季、MLBのレイズが導入して話題となった新戦術“オープナー”を採用した。救援投手を先発させ、短いイニングで本来の先発投手にロングリリーフさせる戦術で、今季は主に堀瑞輝投手、加藤貴之投手が起用された。堀は53試合のうち10試合に先発し、1イニングを目安に交代。加藤は、3回を目安に交代する“ショートスターター”として、26試合中21試合に先発した。

○中田翔、開幕サヨナラ満塁弾など9年連続2桁本塁打

 中田は5月26日の西武戦でバックスクリーンへ豪快な10号ソロを放ち、9年連続となる2桁本塁打を達成した。今季は124試合で打率.242、24本塁打、80打点の成績で、9年連続15本塁打以上。球団記録は1959〜75年に張本勲氏が記録した17年連続となっている。

○5回のリーグ優勝と2回の日本一に貢献した田中賢介が引退

 田中賢は1999年ドラフト2位で加入。2006年に二塁のレギュラーを掴むと、打率.301の好成績で日本一に貢献した。2013年にはメジャー挑戦して2015年に復帰。2016年に2度目の日本一に輝いた。9月27日のオリックス戦で引退試合が行われ、4打数2安打1打点の活躍で満員のファンを沸かせた。

○5位も栗山英樹監督続投、球団最長9年目へ

 栗山政権8年目となった今季は65勝72敗5分の5位に終わった。エース上沢が6月に打球直撃で離脱するアクシデントもあった中、新戦術“オープナー”、清宮の4番起用などで打開を図ったが、2度の大型連敗で急失速。それでも過去8年間の実績を評価した球団は続投を要請した。9年目は1976〜83年の大沢啓二監督を抜いて球団最長となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)