ハマの番長に山崎、レイズ移籍の筒香も…DeNAの2010年代ベストナイン

ハマの番長に山崎、レイズ移籍の筒香も…DeNAの2010年代ベストナイン

今季からメジャーへ移籍する筒香嘉智【写真:荒川祐史】

監督は初づくしのラミレス監督、選手としても2010年代にプレー

 2010年代のDeNAは変化が多くあった。2012年に横浜ベイスターズからDeNAベイスターズとなり、Bクラスの常連だったところから昨季は2位まで上り詰めた。そんな球団にとって大きな変化の10年間で、チームの顔としてインパクトを残した監督と選手たちを2010年代のベストナインとして選出した。

【投手】
先発 三浦大輔
中継ぎ 三上朋也
抑え 山崎康晃

“ハマの番長”三浦は大洋時代の1992年からチームを支えた。2010年代はベテランだったが、チームが低迷期にあった2012年、2013年と2桁勝利目前の9勝を挙げるなど、大黒柱としチームを支えた。

 三上は昨季こそ故障に泣いたが、入団から6年間で277試合に登板。2018年に到達した通算100ホールドは史上29人目だった。山崎は2015年のルーキーイヤーに58登板で37セーブ、防御率1.92をマークし新人王を受賞。今季は30セーブをマークし、2年連続の最多セーブ投手のタイトルを獲得した。

来季からメジャー移籍の筒香はキャプテンとしてもチームを牽引

【内野手】
捕手 戸柱恭孝
一塁 ロペス
二塁 石川雄洋
三塁 宮崎敏郎
遊撃 大和

 戸柱はプロ入り1年目の2016年から3年連続で開幕戦のスタメンマスクを被り、2016年は124試合、2017年も112試合に出場。DeNAは長らく正捕手が固まらない状況にあった。ロペスは2015年に加入し、5年連続で25本塁打以上。昨季は31本塁打を放ち、84打点とチームに貢献した。

 石川は2004年のドラフト6位で横浜入りし、2016年に通算1000試合出場、昨季は通算1000安打を達成した。宮崎は2017年に打率.323、15本塁打62打点で首位打者となり、翌年と合わせて2年連続で打率3割超え、ベストナインにも選出された。阪神時代の2014年にベストナインに選ばれた大和は、DeNA移籍後もその守備力を発揮。昨季はショートのレギュラーとして137試合に出場した。

【外野手】
筒香嘉智
梶谷隆幸
ソト

 筒香は2010年にドラフト1位で入団し、2016年には44本塁打、110打点で本塁打王、打点王の2冠獲りを果たした。また2015年から3年連続でベストナインに輝き、昨季はキャプテンとしてチームを2位に牽引した。

 梶谷は俊足を生かして2014年には39盗塁で盗塁王に。昨季は成績を落としたが、5本塁打を放ち、史上296人目の通算100本塁打を達成。ソトは入団初年の2018年から2年連続で40本塁打以上を放ち、昨季は108打点で打点王と2年連続の本塁打王を獲得。ベストナインも2年連続で受賞している。

【監督】
アレックス・ラミレス

 選手としても2012〜13年にDeNAでプレーしたラミレス監督。2016年に監督に就任すると、球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出に導いた。さらに4年目の昨季は2位に入ってCSの本拠地初開催を決めた。5年目の今季はDeNAとなって初の優勝に期待がかかっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)