ロッテ、佐々木朗を1月の球団ポスターに抜擢 担当者の思い「満場一致。新年にふさわしい」

ロッテ、佐々木朗を1月の球団ポスターに抜擢 担当者の思い「満場一致。新年にふさわしい」

ドラフト1位ルーキー・佐々木朗が起用された1月の球団ポスター【画像提供:千葉ロッテマリーンズ】

球団SNS情報などの告知を目的としたポスターで佐々木朗がポーズ

 ロッテは公式SNS情報などの告知を行う1月の球団ポスターに、ドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手を起用し、千葉県内に約1000枚貼り出した。昨年は藤原恭大外野手、2018年は井口資仁監督と、毎年注目を浴びる新戦力が選ばれている。

 球団広告担当者は「球団として今年最初となる1月のポスターに誰を起用するかという会議の中で、満場一致で佐々木選手の起用が決まりました。新年にふさわしいポスターになったと思います」とコメントした。

 ポスターの佐々木朗は、デザインのマイナーチェンジが行われたプライマリーマークを背景に右手を差し出すポーズ。その隣には「朗らかな希望」と“朗希”の名前にちなんだ見出しがつけられている。

 ポスターは球場外、グッズショップ、県内の商業施設、市内の公共施設などに張り出される。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)