日本ハム浅間が左第3中手骨剥離骨折、全治4週間の診断 自主トレ中の13日に転倒

日本ハムは浅間大基外野手が左第3中手骨剥離骨折と発表 自主トレ中の13日に転倒

記事まとめ

  • 日本ハムは浅間大基外野手が精密検査を受け、左第3中手骨剥離骨折と診断されたと発表
  • 浅間は鹿児島県内で自主トレーニングを行っていた13日、練習中に転倒して負傷
  • 23歳の浅間は、横浜高から2014年ドラフト4位で入団、昨季は自己最少の19試合出場に

日本ハム浅間が左第3中手骨剥離骨折、全治4週間の診断 自主トレ中の13日に転倒

日本ハム浅間が左第3中手骨剥離骨折、全治4週間の診断 自主トレ中の13日に転倒

日本ハム・浅間大基【写真:石川加奈子】

鹿児島で自主トレを行っていた13日に転倒して負傷したという

 日本ハムは16日、浅間大基外野手が東京都内の病院で精密検査を受け、左第3中手骨剥離骨折と診断されたと発表した。球団によると、全治4週間の見通し。

 浅間は鹿児島県内で自主トレーニングを行っていた13日、練習中に転倒して負傷した。今後リハビリに着手し、2月1日からの春季キャンプに参加する予定。

 23歳の浅間は、横浜高から2014年ドラフト4位で入団。1年目の15年に46試合、2年目の16年には52試合に出場した。しかしその後は徐々に出場機会が減り、昨季は自己最少の19試合出場で打率.207、0本塁打、1打点にとどまった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)