巨人菅野、阪神は西 栄えある大役は誰の手に?…12球団開幕投手の本命は【セ編】

巨人菅野、阪神は西 栄えある大役は誰の手に?…12球団開幕投手の本命は【セ編】

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

広島は2年連続で大瀬良、中日は大野雄が大役の大本命

 今季は東京五輪の影響で、例年より前倒しの3月20日に開幕を迎える日本のプロ野球。シーズンのスタートを切る開幕戦で先発する「開幕投手」は各チームのエースが登板するもの。その年のチームを引っ張る大黒柱として期待される投手に託される名誉ある大役だ。

 今季のセ・リーグは巨人、ヤクルト、広島の本拠地で開幕3連戦が行われる。果たして、その開幕戦のマウンドに上がるのはどの投手となるだろうか。2020年のセ・リーグ開幕投手を予想した。

○巨人-DeNA戦(東京D)
巨人:菅野智之投手
DeNA:今永昇太投手

 巨人はエースの菅野智之投手が大本命だ。昨季は山口俊投手がチームトップの15勝をマークしたが、ブルージェイズへ移籍。となると、昨季11勝(6敗)を挙げた菅野が開幕投手の筆頭候補だろう。開幕投手となれば、3年連続6度目となる。DeNAは2年連続2度目となる今永が有力だ。昨季はリーグ2位の13勝(7敗)を挙げ、自身もエースとして開幕投手に名乗りを挙げている。

○ヤクルト-阪神戦(神宮)
ヤクルト:小川泰弘投手
阪神:西勇輝投手

 ヤクルトは昨季ローテを守った小川とベテラン石川が開幕投手の候補となりそう。昨季は5勝12敗に終わった小川だが、これまで4度の開幕投手の経験を持つ。5度目の大役となるか。阪神は昨季チームトップ、唯一の2桁勝利となる10勝(8敗)を挙げた西が本命。クライマックスシリーズでも初戦を任されており、大黒柱として大役を託される可能性は高いだろう。

○広島-中日戦(マツダ)
広島:大瀬良大地投手
中日:大野雄大投手

 2年ぶりのリーグVを目指すことになる広島は、昨季チームトップタイの2桁勝利を挙げた大瀬良が最有力候補だろう。昨季も開幕投手を任されており、2年連続で選ばれることになりそう。中日は昨季、復活を遂げた大野雄大が本命か。ノーヒットノーランを達成し、最優秀防御率のタイトルも獲得し、今季も活躍が期待される。昨季、チームトップの11勝(7敗)を挙げた柳裕也投手も候補か。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)