【MLB】NPBも導入検討の「ワンポイント禁止」 米メディアは酷評「悪影響もたらすだけ」

【MLB】NPBも導入検討の「ワンポイント禁止」 米メディアは酷評「悪影響もたらすだけ」

MLBは今季から「ワンポイント救援」が禁止に【写真:Getty Images】

試合時間の短縮などを狙ったものだが、逆に試合時間を長くさせる危険が

 今季からMLBで導入される「ワンポイントリリーフ」の禁止。登板した投手は最低でも打者3人と対戦するか、そのイニングを完了するまでは交代できないという新ルールだ。MLBでの導入を受けて、NPBでも本格的に検討されることになった。

 ただ、継投の面白さを削ぐことになるとして批判的な意見も多い「ワンポイント禁止」ルール。試合時間の短縮が大きな狙いの1つだが、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」はこの新ルールを酷評。「新ルールのスリー・バッター・ミニマムは時短にならず、意図しない悪影響をもたらす」として、バッサリと切り捨てている。

 記事では2019年のMLBの試合を検証しており、昨季のMLBの試合時間平均は3時間10分だったという。2017年を上回り、過去最長だったが、その原因の1つが三振率の増加だという。最低でも投手が3球以上投げなければならない三振の増加は、試合時間が長くなる原因とされ、昨季MLB全体で4万2823個の三振が生まれていた。

 一方で、記事によると、MLBとロブ・マンフレッドコミッショナーが禁止にした「ワンポイント」登板は昨季行われた投手交代1万6573回のうち、わずか691回だけ。わずか4%ほどしかなく、さほど試合時間には影響を与えないと指摘している。

 そして、記事では「試合の展開が変わるかもしれない状況で、監督が苦戦している投手を降板させられないことが、メリットよりもデメリットの方が大きいという理由である」として、この「ワンポイント禁止」によって生じるメリットとデメリットを双方提示。はるかにデメリットが多いと断じている。

2019年MLBでイニング間に行われた打者3人以下での交代は691回だけ

 メリットとして挙げられているのは、テレビ視聴者の“流出”を少なくすること。イニング中の交代が減ることで投手交代の際に流れるCMを少なくすることができ、CMの間に視聴者がチャンネルを変える事態を防げ、そしてイニング中の投手交代が減ることで試合時間を減らせるとも指摘している。

 ただ、2019年シーズン、MLBで3人より少ない打者との対戦で終わった投手の登板は2162回。そのうち、1471回はイニング終了か試合終了の時だったという。実際にイニング中に継投があったのは691回。これでは「平均試合時間を34秒しか削減できない」とし、試合時間短縮には大きな影響はないとしている。

 その一方で「ワンポイント禁止」のデメリットとして、逆に試合時間を長くさせると「ジ・アスレチック」は指摘する。その理由として「イニング中に3人の打者と対戦する前に交代する投手の多くは苦戦しているからであり、2019年に3人と対戦しなかった691登板では、.393(被打率)/.518(被出塁率)/.657(被長打率)であったこと、続投して出塁を許したら、その方が試合が長引く」と挙げている。

 3人の打者と対戦する前にイニング途中で降板している投手の多くは痛打、連打を食らっているか、四死球などで走者を出している場合が多いと記事では例示している。そのため「試合時間に良い影響を及ぼさないだけでなく、試合に弊害をもたらす。勝ち負けの部分である。スリー・バッター・ミニマムの本当の影響は.393(被打率)/.518(被出塁率)/.657(被長打率)の投手たちに重要な場面で投げ続けさせなければならないことである。それは試合の結果を変えるし、シーズンの結果も変えるかもしれない」とし、試合結果、はたまたシーズンの結果にまで影響するかもしれないとしている。

 出塁を許した場合は対戦3人以下でも交代できるようにすることも1つの策だとする「ジ・アスレチック」。「効果はないが害もないルールを導入する方が、スリー・バッター・ミニマムのように効果もなく悪影響をもたらすだけのルールを導入するよりも良いだろう」とし、この策の方が“まだマシ”だとしていた。

関連記事(外部サイト)