【高校野球】令和初の選抜に「オールドユニ」で臨む意味 中京大中京が示す「名門」のプライド

【高校野球】令和初の選抜に「オールドユニ」で臨む意味 中京大中京が示す「名門」のプライド

10年ぶりのセンバツ出場を決めて喜びの表情を見せる中京大中京ナイン【写真:小西亮】

中京大中京は昨夏の愛知大会から23年ぶりに伝統の「立ち襟ユニ」を復活させた

 戦前から脈々と積み重ねられてきた重みが違う。自分たちだけのチームではない。10年ぶり31度目の選抜出場を決めた中京大中京。2010年から指揮をとる高橋源一郎監督が言う。「身が引き締まる思いです」。昭和、平成と名門として歩んできたチームが臨む令和初の春の舞台。その”伝統の象徴”が、甲子園のグラウンドを彩ることになる。

 昨夏の愛知大会から23年ぶりに復活した「立ち襟」のユニホーム。1996年春まで着用されていたモデルで、これまでの丸首ではなく襟が数センチ立っている。「伝統ある中京大中京。その姿に思い入れのあるOBもいる」と高橋監督。原点回帰の意味も込められているが、単に過去の踏襲とは違う。「我がチームは時代の流れに合わせて変化を届けていく。新しい中京大中京を見せたい」。その変化を示すアイコンが、ユニホームでもある。

 春夏通算11度の全国制覇を飾った輝かしい実績を、時代が変わっても上乗せしていくのも使命。昨春の選抜で同県のライバル・東邦が優勝したことで、トップで並んでいた春の歴代優勝回数は抜かれ、55勝で単独トップだった勝利数も1つ上回られた。過度に数字にこだわることはないが、それが名門の証でもあっただけに「中京大中京が日本一というのは譲れない」。プロ注目の実力者でもある中山礼都遊撃手は、はっきりと言った。

 過去を振り返れば、プロで活躍する多くの名選手も輩出してきた。野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督も、前身の中京高時代にプレーしたひとり。そんな大先輩は、夏に東京五輪という大一番を控える。「僕たちが選抜でいい結果を残して、五輪を戦う稲葉さんに少しでもいい形でつなげることができたら」と中山は思いを込めた。

 チームは昨秋の明治神宮大会で優勝。ドラフト上位候補でもある150キロ右腕・高橋宏斗投手を始め、総合力の高さから堂々の優勝候補に名を連ねる。「甲子園に出ることが目標じゃない」。そうナインたちは口をそろえる。目指すのは、選抜、夏の甲子園、国体を含めた「高校4冠」。新時代の始まりに全盛を迎えるべく、懐かしの戦闘服で聖地に立つ。(小西亮 / Ryo Konishi)

関連記事(外部サイト)