MLBがサイン盗み“被害者”ドジャースを口止め「炎上防ぐため」「口を塞ぎたかった」

アストロズのサイン盗み騒動めぐりMLBが最大の“被害者”ドジャースを口止めか

記事まとめ

  • アストロズの“サイン盗み騒動”を巡り多くの選手やOBが非難のコメントをしている
  • レッズのトレバー・バウアー投手、元ドジャースでカブスのダルビッシュ有投手らが発言
  • “被害者”であるドジャースは、この件についてMLBから口止めされているという

MLBがサイン盗み“被害者”ドジャースを口止め「炎上防ぐため」「口を塞ぎたかった」

MLBがサイン盗み“被害者”ドジャースを口止め「炎上防ぐため」「口を塞ぎたかった」

2017年WS第7戦に先発した当時ドジャースのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ローゼンタール氏のツイッターを引用「他の球団には話さないように勧めた」

 メジャーリーグを揺るがしているアストロズの“サイン盗み騒動”。すでに多くの選手やOBが非難のコメントをするなど“炎上”の様相を呈しているが、最大の“被害者”であるドジャースは、この一件についてMLBから口止めされているという。米メディア「12アップ」が伝えている。

 サイン盗みがあったとされる2017年ワールドシリーズでアストロズに敗れ、世界一を逃したドジャース。記事では「ドジャースはそのことでアストロズを酷評したいだろうが、メジャーリーグはドジャースにそのスキャンダルについて話すことを止めさせた」と指摘。また「他の球団については、そのスキャンダルについて話さないことを“勧める”という程度にとどまった」としている。

 MLBネットワークのケン・ローゼンタール氏の「MLBはドジャースに(サイン盗みにについて)話さないように頼んだ。他の球団には、話さないように勧めたということである」とのツイートを引用。それでも、すでに他球団の大物選手たちがそれぞれ意見を述べてしまっていることも伝えている。

 記事によると、これまでにレッズのトレバー・バウアー投手、メッツのノア・シンダーガード投手に加え、元ドジャースでカブスのダルビッシュ有投手もコメントしたと紹介。「ドジャースは最も文句を言いたい球団だろう。しかし、おそらくこれ以上の炎上を防ぐために、メジャーリーグは少なくともしばらくの間はドジャースの口を塞ぎたかったようだ」と指摘している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)