【eBASEBALL】巨人が初の日本一で報酬1400万ゲット 来季の開催も決定

【eBASEBALL】巨人が初の日本一で報酬1400万ゲット 来季の開催も決定

「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズンは巨人が日本一に輝いた【写真:安藤かなみ】

NPB斉藤コミッショナーは「espoetsに新たな領域を」と発展願う

「eBASEBALL プロリーグ」の2019シーズン「SMBC e日本シリーズ」が25日、東京・銀座の「esports銀座 studio」で行われ、巨人がロッテを下して初の日本一に輝いた。日本一に輝いた巨人には報酬1400万円が贈られ、圧倒的な打撃でチームをけん引した大会MVPの巨人主将・舘野は報酬50万円を獲得した。

 セ・リーグ2位から勝ち上がった巨人は第1試合で2番手・舘野がゲレーロで2ランを放ち先制に成功。ロッテも6回に下山が加藤のソロ本塁打で1点を返したが、直後に舘野が再び得点。3-1で巨人が初戦を取った。

 勢いに乗った巨人は、第2試合も初回に先制。8回に同点とされ、10回からはタイブレークに突入したが、ここでも巨人は舘野が強攻し3点を奪って6-3でロッテを沈めて初優勝を飾った。大会MVPにはポストシーズンで9本の本塁打を放ち、打線の核としてチームを初の日本一へ導いた舘野が選ばれた。

 試合後、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーは、今季のプロリーグ配信の総視聴者数が500万人を超えたことを明かし、来季のプロリーグ継続も発表。今季は各球団のレジェンドOB選手をキャラクターとして加えることで往年のファンを楽しませたり、e交流戦を初開催し、地方都市での開催を実現させたりするなどリーグとしての発展も見せた。

 斉藤コミッショナーは「この大会は野球自体を多くの皆さまに知っていただく、広げるということに重点を置いている。皆さまのご協力で、このesportsに新たな領域を加えることができて大変うれしい」と喜んでいた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)