巨人、坂本2発&阿部弾&マギー弾&長野弾で粉砕 阪神の連勝「6」で止まる

巨人 5本塁打で首位阪神撃破

クリーンアップで計7打点、主軸の一発攻勢で好調阪神を撃破

 巨人は10日、本拠地での阪神戦に9-7で勝利した。坂本が2本塁打、阿部とマギーが1本塁打とクリーンアップが揃い踏みし、3人で7打点の活躍。打撃不振の長野にも今季1号が飛び出した。先発・大竹は6回途中6失点も今季4勝目(1敗)。広島を3タテして首位に浮上し、前日は3戦連続完封中だった菅野を攻略した阪神は、連勝が「6」で止まった。

 巨人は初回、阿部が阪神・岩貞から2ランを放ち、先制に成功する。大竹が2回に2失点で同点に追いつかれるも、3回に首位打者・坂本の3ランで勝ち越し。マギーのソロも飛び出し、この時点でクリーンアップ揃い踏みとなった。

 4回には長野の今季初本塁打で追加点。さらに、5回は坂本が2打席連続の一発を放ち、9-2と大きくリードを広げた。

 6回に大竹がつかまり、1点を返されると、2死満塁の大ピンチで降板。2番手・山口が高山、北條にタイムリーを浴びるも、最後は糸井を打ち取ってリードを守った。

 7回はマシソンが無失点。8回は池田が登板するも、2死二塁とされて守護神カミネロがマウンドへ。北條を二ゴロに仕留め、無失点で切り抜けた。9回はカミネロが1点を失ったものの9-7で勝利。主軸の一発攻勢で好調阪神を撃破した。

関連記事(外部サイト)