ダルビッシュ「メジャートップ30」選手入り 「MLBの上層階級に戻ってきた」

ダルビッシュ「メジャートップ30」選手入り 「MLBの上層階級に戻ってきた」

ダルが「MLBトップ30」入り

ダルビッシュ「メジャートップ30」選手入り 「MLBの上層階級に戻ってきた」

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米メディアが日本人で唯一選出、韓国“逆輸入”打者もランクイン「彼は本物」

 米メディアが今季MLB選手「トップ30」を選出し、レンジャーズダルビッシュ有投手が日本人で唯一ランクインした。豪華な名前が並ぶ中、韓国球界から復帰して鮮烈な活躍を見せているブルワーズのエリック・テームズ内野手も選出されている。

「2017年、MLB最高の30選手」とのタイトルで特集したのは、米メディア「ザ・チート・シート」。記事では「2017年MLBシーズンが進行中だ。多くの興味深いストーリーが生まれている。予想以上、もしくは予想以下の成績を残すチーム。突如としてスター選手になる選手など。序盤のパフォーマンスを考慮して、我々は2017年シーズンここまでのMLB最高の30選手を考えてみた」として、トップ30選手を選んでいる。

 26位で登場しているのはテームズだ。韓国では通算3シーズンで124本塁打を放つなど圧倒的な成績を残し、「神」と呼ばれた“逆輸入”強打者は、メジャー復帰1年目のシーズンで開幕から躍動。寸評では「誰? その通り、ミルウォーキ・ブルワーズのエリック・テームズ一塁手だ。彼が最後にMLBで出場を果たしたのはシアトル・マリナーズ在籍時の2012年に遡る。韓国で数年間プレーした後、彼は大々的な復帰を果たした。この強大な打者は素晴らしいスタートを切った」と絶賛している。

 さらに「最初の30試合では12本塁打を放ち、MLBでのシーズン自己最多本塁打記録に並んだ」と紹介。テームズは9日(日本時間10日)のレッドソックス戦でも2ランを放ち、ここまで31試合で打率.327、24打点、メジャートップの13本塁打、OPS(出塁率+長打率)1.180と圧巻の成績を残してきた。記事では「彼は本物だ。よって、彼は我々が選ぶ2017年MLB最高の選手のリストに名を連ねた」としている。

 ダルビッシュは22位で登場。トミー・ジョン手術からの復帰2年目となる今季は自身メジャー初の開幕投手を務め、ここまで7試合登板で3勝1敗、防御率2.76の好成績を残している。最近3試合はいずれも110球超と力投を続けており、もはや手術後の不安は感じさせない。

1位は“不動”のあの選手、MLBトップ30は?

 寸評では「2013年、ユウ・ダルビッシュはテキサス・レンジャーズに在籍する26歳の先発投手だった。209回2/3を投げ、アメリカン・リーグでトップとなる277奪三振を記録した」と、サイ・ヤング賞投票で2位に入った2年目シーズンを回顧。その後はトミー・ジョン手術によるシーズン全休(2015年)などケガに苦しんできたという事実を振り返りつつ、「昨年の復帰以降、ダルビッシュは防御率3.21を記録している。彼はMLB投手の上層階級に戻ってきた」と“完全復活”を歓迎している。

 なお、「ザ・チート・シート」が選出したトップ30は以下の通りとなっている。

30、ライアン・ジマーマン内野手(ナショナルズ)
29、ダスティン・ペドロイア内野手(レッドソックス)
28、マット・カーペンター内野手(カージナルス)
27、ダラス・カイケル投手(アストロズ)
26、エリック・テームズ内野手(ブルワーズ)
25、ミゲル・サノ内野手(ツインズ)
24、カルロス・コレア内野手(アストロズ)
23、ダニエル・マーフィー内野手(ナショナルズ)
22、ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)
21、ジョーイ・ボット内野手(レッズ)
20、フランシスコ・リンドーア内野手(インディアンス)
19、アーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)
18、スティーブン・ストラスバーグ投手(ナショナルズ)
17、ジャンカルロ・スタントン外野手(マーリンズ)
16、ミゲル・カブレラ内野手(タイガース)
15、マックス・シャーザー投手(ナショナルズ)
14、アンソニー・リゾ内野手(カブス)
13、ホセ・アルトゥーベ内野手(アストロズ)
12、ノーラン・アレナド内野手(ロッキーズ)
11、クリス・セール投手(レッドソックス)
10、ポール・ゴールドシュミット内野手(ダイヤモンドバックス)
9、ジョシュ・ドナルドソン内野手(ブルージェイズ)
8、コーリー・シーガー内野手(ドジャース)
7、フレディ・フリーマン内野手(ブレーブス)
6、マニー・マチャド内野手(オリオールズ)
5、ムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)
4、クレイトン・カーショー投手(ドジャース)
3、クリス・ブライアント内野手(カブス)
2、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ)
1、マイク・トラウト外野手(エンゼルス)

関連記事(外部サイト)