ホークス4連勝で貯金最多「9」&バンデン6回零封3勝目 オリックス痛恨3連敗

オリックスはディクソン粘投も打線援護できず

 ソフトバンクが4連勝で今季最多の貯金9とした。11日のオリックス戦(ヤフオクD)。終盤の猛攻もあって、7-0で勝利。今季4度目となる同一カード3連勝を決めた。

 ソフトバンクは2回、オリックス先発のディクソンからデスパイネ、中村晃、松田の3連打で無死満塁のチャンスを作ると、上林の右犠飛で1点を先制した。3回には川崎が中前安打を放って、日米通算1500安打を達成。6回2死満塁では、高谷の打席でオリックスの若月が痛恨の捕逸で加点した。

 7回には3番手・赤間から1死二、三塁のチャンスを掴むと、内川が右中間を破る適時二塁打。続くデスパイネが右翼ホームランテラス席へ、キング争いトップタイに並ぶ9号3ランを放つ。さらには松田にも左翼席への5号ソロが飛び出し、一挙5得点でリードを一気に広げた。

 投げては先発のバンデンハークが苦しみながらも、6回を無失点に抑える好投。オリックス打線に粘られて球数がかさみ、110球を要したものの、わずか2安打に抑えて3勝目をマークした。

 オリックスは痛恨の3連敗。先発のディクソンは7安打を許し、毎回走者を背負いながらも、6回途中まで1失点と粘りの投球。だが、打線がわずか2安打と援護出来ず。走者を出しても、三塁すら踏むことができずに反撃の糸口をつかめなかった。踏ん張っていた投手陣も7回に赤間が5点を奪われ、勝負は決した。これで5月に入って2勝7敗。一時、「8」あった貯金は「2」まで減った。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)