日本ハムが67年ぶり球団タイ記録の1試合7本塁打 前回記録は“東急”時代

日本ハムが67年ぶり球団タイ記録の1試合7本塁打 前回記録は“東急”時代

日本ハム・中田翔【写真:田口有史】

1950年5月31日以来となる大記録を達成

 ソロ、ソロ、2ラン、2ラン、2ラン、2ラン、2ランで1試合7本塁打。北海道日本ハムが5月12日の千葉ロッテ戦で一発攻勢の試合を展開。1950年5月31日以来、67年ぶりとなる球団タイ記録を達成し、東京ドームでの開催ゲームを圧勝で飾った。

【5月12日 北海道日本ハムのホームラン一覧】
2回裏 大田選手2号ソロ
3回裏 近藤選手3号ソロ
3回裏 レアード選手8号2ラン
4回裏 西川選手3号2ラン
5回裏 レアード選手9号2ラン
5回裏 大田選手3号2ラン
5回裏 中田選手3号2ラン

 このような結果となることを誰が予想しただろうか。今季はここまで本調子ではないとは言え、相手先発はエース涌井投手だ。まずは2回裏に1死から大田選手が高めの変化球を捉える2号ソロ。「詰まり気味でしたけど、甘いボールをしっかりと捉えられました」という一発で先制点をもぎ取ると、続く3回には近藤選手が3号ソロ、レアード選手が8号2ランで続く。

5回にはレアードと大田が2本目のアーチ

 4回裏には前の打席でフェンス手前のフライに倒れていた西川選手が、今度は正真正銘のフェンスオーバー。「いい追加点になって良かった」と胸をなで下ろした3号2ランで加点すると、5回裏にはレアード選手の9号2ランと大田選手の3号2ランで6本塁打。ともに1試合2本目となるアーチで千葉ロッテを突き放すと、なおも続く好機で4番・中田選手が打った瞬間にそれと分かる3号2ランを放った。「会心で、打った瞬間やったね。みんなの流れに便乗したよ」という文句なしの一振りで締めくくった。

 今季加入の大田選手が、かつての本拠地・東京ドームで2本塁打を放つなど、1950年5月31日(当時:東急フライヤーズ)以来となる記録を達成した北海道日本ハム。しかし、順位はいまだに5位と低迷が続いている。球団初となる2年連続で日本一に輝くためにも、今日の「猛打」の勢いをこのまま継続させ、まずは借金完済といきたいところだ。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部 松下雄馬

関連記事(外部サイト)