ホークス、首位楽天撃破で今季2度目5連勝 熊本地震後初主催試合、白星贈る

柳田今季初猛打賞&中田4勝目、被災地のファンに白星贈る

 ソフトバンクが今季2度目の5連勝を飾った。13日の楽天戦(熊本)。昨年の熊本地震後、初の主催試合となった一戦で3-2で競り勝ち、被災地のファンに白星を贈った。

 この日のヒーローは、打撃不振に苦しんできた柳田だった。初回。先頭の明石が右前安打で出塁し、今宮の犠打を楽天先発の美馬が二塁へ悪送球。一、二塁のチャンスで巡ってきた打席で先制の一打を放った。3ボール2ストライクからの6球目。スライダーを捉えた打球は、ウィーラーのグラブの先をかすめ、三塁線を破った。スタートを切っていた2人の走者が次々に生還。2点適時二塁打で、2点をリードした。

 7回にも柳田は今季初の猛打賞となる、この日3本目の安打。その後内川の右翼線二塁打、そしてデスパイネが右前適時打を放ち、1点を加えた。

 投げては先発の中田が楽天打線を封じた。3回に2つの四球、4回にも四球で走者を出したが、5回まで無安打に抑える好投。6回1死でペゲーロに右前安打を許し、ノーヒットノーランはならなかったが、8回途中まで5安打2失点と好投。1点差とされた8回1死一、三塁で救援した岩崎がウィーラー、アマダーを封じる好リリーフ。最後はサファテが締めて逃げ切った。中田は4勝目となった。

 楽天先発の美馬は、立ち上がりに2点を失ったが、その後は走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で5回3安打2失点。8回に島内の5号ソロ、1死一、二塁でのペゲーロの左前適時打で2点を返したが、後続のウィーラー、アマダーが凡退した。楽天の連勝は2でストップ。2位ソフトバンクとの差は1.5ゲーム差に縮まった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)