楽天がソフトBに圧勝、再び2.5差に 茂木が初満塁弾&岸が快投で無傷3勝目

銀次も2ランで5回に一挙6得点、ソフトBは寺原が5回途中5失点でKO

 楽天がソフトバンクとの1位、2位対決に9-2で圧勝し、ゲーム差を再び2.5ゲーム差に広げた。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。打線が12安打3本塁打で9得点とソフトバンク投手陣を攻略し、ワンサイドゲームで大勝した。

 初回、主砲のウィーラーがソフトバンク先発の寺原から4号ソロを放って幸先良く先制すると、5回にはビッグイニングを作った。無死満塁から茂木が自身初のグランドスラムとなる8号満塁弾を放って、寺原をKO。さらに、2死一塁で銀次が2番手・飯田から2号2ランを放ち、この回一挙に6点を加えた。

 序盤から援護をもらった楽天先発の岸は7回4安打1失点の好投。9点リードの7回に1死満塁のピンチを招き、松田に中犠飛を許したが、失点はこれだけ。無傷の3勝目をマークした。楽天は8回に2番手・戸村が1点を失った。

 ソフトバンクは先発の寺原が2本のアーチに沈み、5回途中5失点でKO。2番手の飯田、今季1軍初登板となった3番手の松本も失点し、リードを大きく広げられた。打線も岸にはわずか4安打と沈黙した。この日は年に1度の「タカガールデー」で多くの女性ファンがスタンドをピンク色に染めたが、勝利をプレゼントすることは出来なかった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)