青木宣親、二塁内野安打で日米通算2000本まで「12」 田澤は満塁被弾…

青木宣親、二塁内野安打で日米通算2000本まで「12」 田澤は満塁被弾…

内野安打を放ったアストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】

3点リードの7回に先頭でヒット

 アストロズの青木宣親外野手が15日(日本時間16日)、敵地でのマーリンズ戦に「8番・左翼」で先発出場。7回の第3打席で二塁内野安打を放ち、日米通算1988安打で、2000本の大台まで残り12本とした。

 青木は3回の第1打席はニゴロ。その裏の守備では、先頭リディーのレフト線へのヒットを素早く処理し、二塁に送球して打者走者をアウトにする“美技”を見せた。

 同点の5回は2死二塁で敬遠四球。アストロズはその裏に1点を先制されたが、6回に元DeNAグリエルが2番手・田澤から逆転満塁弾を放ち、試合をひっくり返した。
 
 青木は7回、先頭で3度目の打席へ。下手投げ右腕ジーグラーのチェンジアップをセンター方向へ転がした。二塁手のゴードンが何とか追いつき、一塁へ送球するも、青木は悠々セーフ。内野安打で2試合ぶりのヒットとした。

 その後、1死満塁となってからアルトゥーベがレフトへタイムリー。三塁走者の青木ら2者が生還し、アストロズは6-1とリードを広げた。

関連記事(外部サイト)