田中将大、米メディアにも不振の原因は不明?「根本的な数字は全く問題ない」

田中将大、米メディアにも不振の原因は不明?「根本的な数字は全く問題ない」

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

防御率ワースト5の田中、「不振のエース4人」に選出「心配すべき時期」

 ヤンキースの田中将大投手が苦しんでいる。ここまで8試合に登板して5勝(2敗)を挙げながら、防御率はリーグ“ワースト5”の5.80。自身メジャー3度目の開幕戦登板でレイズ相手に2回2/3を7安打7失点と炎上後、徐々に調子を取り戻して4月27日(日本時間28日)のレッドソックス戦では97球での完封劇を達成。その後も2勝を重ねて自身5連勝とし、勢いは継続するかと思われたが、前回登板の14日(同15日)アストロズ戦では1回2/3を自己ワーストタイの8失点(自責8)と炎上して2敗目を喫した。

 米「CBSスポーツ」電子版は、「真偽のほどは? 不振のMLBエース投手4人に不安を抱く時期がやってきた」とのタイトルで特集記事を掲載。今季、苦しむ各球団のエース投手の1人として田中の名前を挙げている。

 記事では、開幕から各球団が40試合程度を消化した段階で「現在、我々はどのような傾向が存在するのかを判断するために十分なサンプルを得ることが出来た」と言及。そして、「4人のエース投手のパフォーマンスはシーズン序盤での不振を表している。彼らの球団は、心配すべき時期がやってきたのだろうか」として、“不振のエース”を列挙している。

 カブスのジェイク・アリエッタ(4勝3敗、防御率5.44)、メッツのマット・ハービー(2勝3敗、防御率5.63)、インディアンスのコーリー・クルーバー(3勝2敗、防御率5.06)。いずれも防御率5点台の「エース」とともに、田中も“不名誉リスト“に選出された。

 14日のアストロズ戦では、デレク・ジーター氏の背番号2の永久欠番セレモニー直後の一戦で打ち込まれた田中について、記事では「日曜日、アストロズはマサヒロ・タナカを苛立たせ、デレク・ジーターの夜を台無しにした。ヒューストンは初回に3本塁打を放った。田中は自己最多となる8得点(4本塁打を含む)を許し、キャリア最短の1回2/3で登板を終えた。現在の彼は45イニングを投げ、防御率は5.80、WHIP(1イニングあたりの安打+死球)1.44となっている」と成績を紹介。そして、昨年は優秀だった防御率についても言及している。

「いまだスプリットを効果的に使い、大量の空振りを奪っている」も…

「昨シーズン、タナカはア・リーグ最優秀防御率の候補だった。199回2/3を投げ、防御率3.07、WHIP1.08でシーズンを終了している」。記事ではこう振り返り「渡米以来最高のシーズンだった」と回顧。しかし、今季ここまでの投球については「そして今、3週間前に達成したレッドソックス戦での完封はさておき、タナカはほぼ二流であり、時折ひどい。日曜日のように」と手厳しい。

「打者を圧倒することでエース級の成功を収めた他の投手とは異なり、マウンド上でのタナカはアーティストよりだ。状態が良いとき、彼は凄まじい武器となる球を投げ、打者のバランスを崩す。奇妙なことに、タナカの被打球の傾向は昨シーズンとほぼ一致している」

 記事では、2016年のシンカーとスプリットの平均球速はそれぞれ90.4マイル(約145.5キロ)、86.6マイル(約139.4キロ)。一方、2017年は90.9マイル(約146.3キロ)、87.4マイル(約141キロ)とほとんど差はないという。また、昨シーズンのチェイス・レート(ストライクからボールになる球を打者が振る割合)は全投手中2位の37.4%で、今シーズンは同6位の35.8%というデータも紹介。こちらも、数値としてはほぼ変わっていない。

 執筆者のマイク・アクシサ記者は「根本的な数字を見れば、田中は全く問題がないということがわかる」と分析。そして「タナカは今シーズン全体的に良い投球が出来ていない。昨夜、アストロズ打者は来る球を知っていたかのように4本塁打を放った。故障を隠しているのだろうか? タナカは2014年に2か月欠場している。そして、このことは今もみんなの心の中に潜んでいる」と、メジャー1年目の右肘靭帯部分断裂による長期離脱についても触れ、“不安要素”として指摘している。

「懸念すべきか:その通りだ。何が問題なのか、正確に指摘することは困難ではあるが。タナカはいまだスプリットを効果的に使い、大量の空振りを奪っている。また、強打を防げている。また、打者はストライクゾーン外の球を追いかけている。これらは、シーズン序盤の不気味さにすぎないかもしれない。しかしながら、毎登板において何か問題点が見受けられる」

 米メディアも原因を探りきれない、“エース”田中のまさかの不調。復活を遂げることはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)