ヤクルト由規が7回2安打無失点の快投で今季1勝目 雄平が4安打と大暴れ

巨人は散発の5安打で完敗、貯金を1に減らす

 ヤクルトの由規が17日、敵地での巨人戦で7回を2安打無失点に抑える快投で今季初勝利を飾った。ルーキ、ギルメットが無失点リレーをつなぎ、チームを7-0の完封勝利に導いた。

 巨人打線を圧倒した。初回に立岡を空振り三振に仕留めると、4回2死から坂本に四球を与えるまで打者11人を連続で退けた。阿部にも四球で2死一、二塁としたが、マギーを中飛に打ち取り無失点とした。6回先頭の石川に許した右翼への二塁打が、この日の初ヒット。7回1死にもマギーに中越え二塁打されたが、後続を断って失点しなかった。

 打線は初回に山田と雄平の連続タイムリーで2点を先制すると、5回には大松が2死一、二塁から中堅へタイムリー二塁打。6回にも再び山田と雄平の連続タイムリーで2点をダメ押しし、勝利を確実なものとした。雄平は4安打と大暴れの1日となった。

 巨人は快投する由規に手も足も出ず。散発の5安打で完封負けし、貯金を1に減らした。

関連記事(外部サイト)