東北楽天ゴールデンイーグルス則本昂大が5試合連続2桁奪三振記録 NPB史上5人目の快挙

記事まとめ

  • 東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手が5試合連続2桁奪三振を記録
  • この日は7回を投げて5安打4四死球12奪三振5失点の粘投で5勝目をマーク
  • NPB史上5人目の快挙、今季の奪三振数は早くも68個となり、リーグトップに輝いている

楽天則本がNPB史上5人目の快挙達成! 7回12Kで5試合連続2桁奪三振記録

両リーグ通じて史上5人目、パ・リーグでは史上4人目

 楽天の則本昂大投手が17日の日本ハム戦で快挙を達成した。この日は7回を投げて5安打4四死球12奪三振5失点の粘投で5勝目をマーク。5試合連続2桁奪三振を達成したのは、NPB史上5人目の快挙となった。

 初回に5失点を喫しながらも、3つのアウトはいずれも空振り三振。7回を117球で投げ終えて降板するまで、3回を除く毎回で奪三振を記録した。

 則本は4月19日西武戦で10奪三振とすると、同26日ロッテ戦で10奪三振、5月3日オリックス戦で12奪三振、同10日ロッテ戦で12奪三振を記録した。今季の奪三振数は早くも68個となり、リーグトップに輝いている。

関連記事(外部サイト)