タイガース名手“ノールック”の超人的グラブトス「サーカス」「信じられない」

タイガース名手“ノールック”の超人的グラブトス「サーカス」「信じられない」

タイガースの名手、イグレシアス【写真:Getty Images】

メジャー屈指の遊撃手が美技「彼はほとんど二塁を見ることなく…」

 タイガースの名手による超人的なグラブトスが絶賛を浴びている。

 17日(日本時間18日)の本拠地オリオールズ戦。0-0で迎えた2回1死満塁の場面で、オリオールズのハーディが先発右腕フルマーの左へと転がるボテボテのゴロを打った。すると、遊撃のホセ・イグレシアスがチャージ。内野安打かと思われた打球をグラブでつかみ、そのまま後方の二塁ベースにトスした。

 二塁手のキンズラーがこれを素手でつかみ取り、一塁走者のマンシーニはアウト。併殺こそならず、1点は失ったものの、現在メジャーの遊撃手の中でも屈指の守備力を誇るイグレシアスの柔らかいグラブさばきを、タイガースは公式ツイッターでスローモーションで紹介している。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」も「イグレシアスは打球にチャージをかけると、マンシーニが二塁に到達する寸前に、特筆すべきプレーを見せた」とのタイトルで動画付きで記事を掲載し、「彼はほとんど二塁を見ることなく、イアン・キンズラーへのトスを決めた(キンズラーも見事な素手での捕球であった)。信じられない」と驚きを持って報じた。また、地元テレビ局「FOXスポーツ・デトロイト」の実況も「イグレシアスによるサーカスプレー」と伝えている。

6回には2度目の美技「オリオールズは違う方向への打球が必要であった」

 イグレシアスはこの試合、5-4と1点リードの6回無死一塁の場面でも、二遊間を抜けようかというマンシーニの当たりを滑り込みながら捕球。華麗に回転しながら二塁に送球した。これをキンズラーが再び素手で“好捕”。一塁走者をアウトにした。

「Cut4」では「6回、マンシーニは再び、イグレシアスの餌食となった。ダイビングで打球を止めると、素早い送球で二塁フォースアウトを奪った」と解説。2回には一塁走者として、この6回には打者としてイグレシアスの美技を見せつけられたマンシーニに同情的な見方を示し、「間違いなくオリオールズは違う方向への打球が必要であった! イグレシアスはショートのポジション付近であれば、どこへで現れるのだ」と、その守備力に脱帽している。

 タイガースはこのまま5-4で接戦を制した。名手の美技が1点差での勝利を呼び込んだ。

関連記事(外部サイト)