DeNA新助っ人オースティンがいきなり“驚弾” オープン戦第1打席で特大本塁打

DeNA新助っ人オースティンがいきなり“驚弾” オープン戦第1打席で特大本塁打

今季からDeNAに加入したタイラー・オースティン【写真:津高良和】

今季のオープン戦が巨人-DeNA戦で開幕した

■巨人 – DeNA(オープン戦・16日・那覇)

 今季のオープン戦が16日に開幕。昨季セの覇者巨人と、同2位のDeNAがセルラースタジアム那覇で開幕し、「2番・右翼」で先発したDeNAの新外国人タイラー・オースティン外野手が1回の第1打席でいきなり本塁打を放った。

 オースティンがいきなり度肝を抜いた。1回1死で迎えた第1打席、巨人2年目の高橋優貴投手の初球の直球をとらえた。打球はバックスクリーン右への芝生席に着弾。衝撃のオープン戦初打席初本塁打だ。

 主砲の筒香嘉智外野手がレイズに移籍した今季、メジャー通算33本塁打のオースティンは中軸として期待されている。まずは実績にたがわぬ一発を放った。

 東京五輪開催に合わせて公式戦を中断するため開幕が例年よりも前倒しになったことで、オープン戦も約1週間早いスタートとなった。セ・パ両リーグは3月20日に開幕する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)