ダルビッシュ、FA市場でもNO1評価 米メディア「今冬最高の契約を獲得する」

ダルビッシュ、FA市場でもNO1評価 米メディア「今冬最高の契約を獲得する」

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米最大の移籍情報サイトの格付けで1位、クエト&アリエッタと“ビッグ3”

 レンジャーズが怒涛の10連勝を飾り、貯金3とした。好調の地区首位アストロズにはまだ6.5ゲーム差をつけられているものの、一時最下位から2位まで浮上してきた。

 プレーオフ進出が厳しくなれば、ダルビッシュ有投手を7月にトレードに出すとの報道も多かったが、その可能性は徐々に低くなっている。ただ、今季が6年契約最終年となるエース右腕に対する評価は高く、米FOXスポーツ電子版でトレード市場NO1と報じられたことに続き、米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」は今オフのFA市場でダルビッシュを1位に“格付け”した。

 記事では、今オフにFAになる選手の「パワーランキング」を掲載。野手も含めた全選手が対象の“格付け”で、今季4勝2敗、防御率2.76のダルビッシュは堂々のトップとなった。今季終了後に契約破棄の権利を持つ2位のジョニー・クエト(ジャイアンツ)、契約満了となる3位のジェイク・アリエッタ(カブス)を抑えての1位。この3人の先発投手は“ビッグ3”との評価も得ている。

「防御率2.76はア・リーグ9位、しかし、奪三振は減少し四球は増えている。カギとなる成績は、58.2回という投球回だろう。現在リーグ2位タイとなっている。2度目となる200回到達で、トミー・ジョン手術後の不安を払拭することになり、おそらく今冬最高の契約を獲得するであろう」

 同サイトの寸評では、ダルビッシュについてこのように評価。トミー・ジョン手術から復帰2年目を迎えている右腕としては、サイ・ヤング賞投票で2位に入った2013年(209回2/3)以来の200投球回到達が鍵になるという。そして、それがクリアできれば、「今冬最高の契約を獲得する」としている。

田中は8位にランクイン、同サイトが選出した今冬のFA市場トップ10は?

 地元紙「フォートワース・スターテレグラム」はすでに、ダルビッシュがこのまま好投を続ければ、新たな契約では先発1試合あたり90〜100万ドル(約1億円〜1億1000万円)の年俸価値に達する可能性があると指摘。メジャーでは先発投手が年間32〜34試合に先発するが、30試合登板で計算しても、年俸3000万ドル(約33億4000万円)に達することになる。メジャー最高レベルの年俸に値するとの評価だ。「MLBトレードルーマーズ」でも今オフのFA市場で最高の価値とされ、無事にシーズンを終えれば、実現する可能性は高い。

 また、2014年からヤンキースと7年契約を結びながら、今季終了後に契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を持つ田中将大投手は、このランキングで8位の評価。寸評では「タナカは今冬の“ビッグ3”から少し離れた位置づけとなっている。健康問題、低い奪三振率、一発病などがその要因だ。45回で10被本塁打という結果が、防御率5.80という結果になっている」と、今季の不調がダルビッシュ、クエト、アリエッタに差をつけられている要因の1つだという。

「彼の直近の登板は醜いものであった。イマイチのシーズンにより、タナカはオプトアウトに関してやっかいな決断を迫られることになるかもしれない。ヤンキースとは3年6700万ドル(約74億5000万円)の契約を残している」

 開幕前から、田中がオプトアウトを決断するかについては大きな注目が集まっていたが、果たしてどうなるか。当然、まずは今季の成績を向上させ、昨季のように安定した投球を続けることが重要となってくる。

 なお、「MLBトレードルーマーズ」の「今オフFA選手パワーランキング」トップ10は、以下の通りとなっている。

1、ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)
2、ジョニー・クエト投手(ジャイアンツ)
3、ジェイク・アリエッタ投手(カブス)
4、ジョナサン・ルクロイ捕手(レンジャーズ)
5、J.D.マルティネス外野手(タイガース)
6、エリック・ホズマー内野手(ロイヤルズ)
7、ジャスティン・アップトン外野手(タイガース)
8、田中将大投手(ヤンキース)
9、マイケル・ピネダ投手(ヤンキース)
10、ウェイド・デービス投手(カブス)

関連記事(外部サイト)