不振ロッテに追い打ち…2000安打達成迫る福浦が右太もも裏負傷で離脱

不振ロッテに追い打ち…2000安打達成迫る福浦が右太もも裏負傷で離脱

ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】

20日楽天戦の4回に走塁で負傷、指揮官「早めに手を打って…」

 2000本安打まであと55本に迫るロッテ福浦和也内野手が21日、右太もも裏(ハムストリング)を痛め、戦線離脱した。

 チーム打率.191という状況にあって、20日の楽天戦も「4番・DH」で出場し、延長10回に中前打を放ったが、4回に三塁ゴロを打った際の走塁で痛めたという。

「ハム(ストリング)が危ない状態で、これ以上スタメンで出ると、多分肉離れを起こす。貴重な戦力で、主力バッターだが、早めに手を打って(おきたい)」と伊東監督。大事をとっての措置で「そんなに長くはかからないと思う」と話したが、歴史的貧打が続くチームに、さらなる追い打ちをかけた。

 福浦に代わって、ファームで好調の三家和真外野手が今季初昇格する予定だ。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

関連記事(外部サイト)