中日が広島を3タテ! 吉見が5回1失点で今季初白星&ビシエド3打点

広島は終盤に追い上げるも一歩及ばず

 中日が21日、本拠地での広島戦に勝利し、同一カード3連勝を含む4連勝を飾った。

 先発は今季未勝利(4敗)の吉見。1回、2回と得点圏に走者を置きながらも無失点としたが、1点リードの3回に2死二塁から鈴木誠也に左翼へタイムリーを許し、同点とされる。だが、直後の攻撃で大島とビシエドの連続二塁打で1点を勝ち越すと、4回と5回は3者凡退に仕留め、リードを守った。

 打線は5回にも、先頭京田がレフトへの二塁打で口火を切ると、犠飛と遊ゴロの間に2点を追加。7回に伊藤が田中のソロ弾で1点を失うも、7回裏に大島の犠飛で1点を加えた。

 3点リードの8回にマウンドに上がった岩瀬が、三塁打と四球で無死一、三塁としたところで、安部の遊ゴロで1点を失って降板。後を継いだ三ツ間は1死満塁のピンチで西川の遊ゴロで1点を許したが、何とか1点差を守り抜いた。

 8回裏にはゲレーロが9号ソロを右翼席に運んで援護射撃。勝利を確実なものとした。

 2位広島は後半に追い上げ見せたが一歩及ばず。最下位の中日にまさかの3連敗を喫してしまった。

関連記事(外部サイト)