田中将大の不調続けばヤンキースはエース補強か 米紙特集、候補に9投手

田中将大の不調続けばヤンキースはエース補強か 米紙特集、候補に9投手

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

田中将大が2戦連続炎上、エース補強の可能性高まるヤンキース

 20日(日本時間21日)のレイズ戦で3本塁打を許し、4回持たずに9安打6失点で3敗目を喫したヤンキースの田中将大投手。4被弾8失点で黒星を喫した14日(同15日)のアストロズ戦に続く2試合連続KOとなった。今季3年連続の開幕投手を務めたエースの不調は、ア・リーグ東地区首位に立つヤンキースにとって深刻な問題になりつつある。このまま不振が続くようだと、7月末のトレード期限までにエース級の投手補強に乗り出す可能性は高まりそうだ。

 ニューヨーク地元紙「ニューズ・デー」は20日、「先発補強が急務のヤンキースが狙う9人の候補者」をリストアップ。その中にシーズン終了後にフリーエージェント(FA)となるレンジャーズのダルビッシュ有投手の名前を挙げた。

 レンジャーズは現在ア・リーグ西地区2位につけているが、首位アストロズが一歩抜け出しており、今後のワイルドカード争いの状況次第でレンジャーズが主力選手のファイアーセールに踏み切るとみている。同紙は右肘手術から復帰後、11勝7敗、防御率3.17(20日まで)と力強い投球を見せていると指摘。「魅力的なトレード要因」と評している。

 ダルビッシュとともに有力候補に挙がっているのが、昨季まで4年連続200投球回を投げているホワイトソックスのエース左腕ホセ・キンタナ投手。28歳と若いのも魅力で、これまでも度々ヤンキースの補強候補に浮上していた。

先発陣のてこ入れ必要も大型補強には高いハードル

 その他には、今季すでに5勝をマークするロイヤルズの左腕ジェーソン・バルガス投手、2014年に20勝をマークしたジャイアンツのベテラン右腕、ジョニー・クエト投手、同じくジャイアンツの左腕マット・ムーア投手、2015年に19勝を挙げてヤンキースにフィットする投手として名前が挙がったことのあるパイレーツの26歳右腕ゲレット・コール投手、右肘手術から復帰したレイズのアレックス・コブ投手、ツインズで今季好調の34歳アービン・サンタナ投手、潜在能力の高いアスレチックスのソニー・グレイ投手が挙がっている。

 ヤンキース先発陣の防御率は5月20日時点で、ア・リーグ14位の4.67と、てこ入れが必至の状況。その一方で、実際に大型補強に踏み切るのは容易なことではなさそうだ。同紙によると、スタインブレイナー・オーナーはマイナーの若手有望株の放出に消極的とされ、来季のチーム総年俸をサラリーキャップ額以内に抑えたい意向が強いという。

 昨季ヤンキースが主力選手を放出して各球団のプロスペクトをかき集めたように、トレードによる投手補強には相当の交換要員を提示するか、不良債権化した高額年俸を負担する必要があり、オーナーの意向にそう形で補強を進めるのは難しい状況。そんなチーム事情もあるだけに、エース田中の復調が待たれるところだ。

関連記事(外部サイト)