ロッテが3得点で逆転成功 清田同点二塁打、大嶺翔が勝ち越しタイムリー

4回に一気にひっくり返したロッテ

 ロッテが一気に試合をひっくり返した。24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。ようやく打線が繋がった。

 2点ビハインドの4回だ。ついにソフトバンク先発の摂津をつかまえた。先頭の根元は左中間を破る二塁打を放ったものの、三塁を狙って憤死。嫌な流れが漂ったが、角中が右前安打を放つと、鈴木も左中間を破る二塁打で続く。さらに清田が中堅フェンス直撃の2点適時二塁打を放って同点とすると、大嶺翔も左翼線への適時二塁打で続き、一気に勝ち越しに成功した。

 23日の同戦では、わずか4安打1得点で敗れ、今季ワーストタイの借金20に逆戻りしたロッテ。チーム打率1割台と歴史的貧打に苦しんでいるが、この回は5連続長短打と打線が奮起した。

関連記事(外部サイト)