巨人、吉川光が危険球退場も救援奮投で阪神撃破 代打・亀井V打で3連勝

8回代打・亀井が均衡破る先制打、9回に長野が2点適時打

 巨人が24日の敵地阪神戦で3-1で勝利し、3連勝をマークした。先発の吉川光が5回途中で危険球退場となるアクシデントがあったが、救援陣が奮闘。また代打・亀井が8回に決勝打を放った。

 この日は序盤から投手戦が展開され、両軍とも7回まで無得点が続いた。迎えた8回、巨人は阪神2番手の桑原から先頭の代打・相川がライトへヒットを放つと、1死二塁から代打・亀井がライトへ均衡を破る先制タイムリーをマークした。さらに9回には藤川から長野が2点適時打を放ち、貴重な追加点を奪った。

 巨人は5回途中まで1安打無失点の好投を見せていた吉川光が5回1死三塁の場面で鳥谷に頭部付近への死球を与え、危険球退場。それでも2番手田原ら救援陣が踏ん張り、阪神打線を8回まで零封した。9回にカミネロが上本に3号ソロを浴びたが、最後までリードを守った。これで3位巨人は首位阪神と2.5差に迫った。

関連記事(外部サイト)