広島、ヤクルト撃破で2連勝 大瀬良2勝目、丸2打点

鈴木が9号ソロ、ペーニャは代打で2点適時打

 広島が24日の本拠地ヤクルト戦で6-1と勝利し、2連勝をマークした。

 ヤクルトの主砲バレンティンが初回に空振り三振を喫した後に審判への暴言で退場。広島は波乱の幕開けの中、初回裏に丸のタイムリー二塁打で先制すると、3回にも丸の犠飛で加点。さらに6回には鈴木の9号ソロなどで2点、8回にも代打ペーニャの2点適時打が飛び出した。今季加入の助っ人は初打点となった。

 投げては先発の大瀬良が6回を3安打6奪三振無失点の力投を見せて2勝目をマーク。救援陣も1失点に抑えて勝利した。

関連記事(外部サイト)