広島緒方監督、理想的な展開に饒舌「投打ともにいいゲームができた」

広島緒方監督、理想的な展開に饒舌「投打ともにいいゲームができた」

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

2連勝で首位阪神に0.5差、緒方監督「守り勝つウチの野球をやること」

 広島は24日、マツダスタジアムで行われた東京ヤクルト戦に6-1で勝利した。先発の大瀬良が6回無失点と好投し、打線も初回の先制点から中押し、だめ押しと理想的な展開での勝利に、緒方監督は「グラウンドコンディションが悪い中で、投打ともにいいゲームができた」と満足そうだった。

「初回から上位のキクマルで先制して、その後も効果的に点が取れた。安部も今日はヒットが出なかったけど、送りバントでしっかりつないでくれた」と緒方監督の野手への称賛は止まらず、「(鈴木)誠也のホームランもあったし、新井にも久しぶりにヒットが出た。新井は走塁でもいい判断の走塁があったね。とにかくみんなでいいゲームをしてくれた」と饒舌だった。

 前夜に腰の違和感で3回降板した野村の離脱が決まり、先発陣が苦しくなる中、大瀬良が約1か月ぶりとなる2勝目を挙げた。大瀬良に野村の穴埋めを、という記者の質問に「大地一人でやるわけじゃない。中継ぎを含めて投手陣みんなでカバーしていかなければならない。誰か一人に期待するわけじゃない」と、チーム一丸の姿勢を示した。

大瀬良「この形をこれから続けられるようにしたい」

 前回登板では7回1失点と好投するも勝ち星がつかなかった大瀬良だが、この日は6回無失点で勝利投手となった。「勝ちが付くのと付かないのでは、やはり違う」と喜んだ大瀬良は「これまでは先に点をもらっても、それ以上取られてしまう試合が多かった。今日のように先制してもらって、それを守りきる。この形をこれから続けられるようにしたい」と話し、「苦しい状況だけど、今の自分にできることは、できるだけ長いイニングを投げること。それぞれが自分の仕事をして、みんなで力を合わせてやっていきたい」と、チームへの貢献を誓った。

 ナゴヤドームでの3連敗は、ミスが多発してのものだった。「負けた原因はわかっている。守り勝つウチの野球をやること。この2試合はそれができた。先は長いけど、これからも一戦一戦、そういう試合を続けていくことが大事」と気を引き締めた緒方監督。敵地での同一カード3連敗の後、得意の地元に戻って2連勝で、首位阪神との差は0.5ゲーム差となった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

関連記事(外部サイト)