大化けする可能性も ソフトB“二刀流”新助っ人が英雄デスパから成功秘訣伝授

大化けする可能性も ソフトB“二刀流”新助っ人が英雄デスパから成功秘訣伝授

早速デビューとなったキューバ人育成選手、オスカー・コラス【写真:福谷佑介】

ソフトB育成コラスが志願のデビュー

 志願のデビュー戦だった。24日にソフトバンク2軍本拠地「タマホームスタジアム筑後」で行われたソフトバンク3軍と四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツとの定期交流戦。前日23日に入団会見を行ったばかりのキューバ人育成選手、オスカー・コラス投手兼内野手がいきなり出場した。

「練習後に監督から『出てみるか?』と聞かれたので、出たいと自分から言いました。ホークスのユニホームを着られて嬉しいですし、気持ちがいい。ここからステップアップしていきたい」

 7回に代打で出場。日本ハム、阪神、ヤクルトなどでプレーし、14年から愛媛に在籍している99年の甲子園優勝投手の正田樹と対戦した。記念すべき来日初打席は、初球、2球目とファールし、3球目の変化球にバットが空を切り、空振り三振に倒れた。

 前日に入団会見を終え、リバン・モイネロ投手とともに、そのままファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」内の若鷹寮に入寮。この日午前中に室内練習場で行われた練習から3軍に合流した。ティー打撃やフリー打撃などで汗を流すと、昼食後に真新しい試合用のユニホームに袖を通した。

英雄デスパイネからアドバイス、「すごく優しくしてくれるし、嬉しい」

 この日使用していたバットは、アルフレド・デスパイネからプレゼントされたもので「(デスパイネとは)日本に来て、昨日ドームで初めて会いました。キューバの英雄で、すごく優しくしてくれるし、嬉しい」。日本のプロ野球界でも結果を残している母国の先輩からは「日本はレベルの高いリーグ。焦らずにじっくりやって、結果を残していくようにと言われました」と、成功の秘訣を伝授されたという。

 初の実戦を終え、「日本とキューバの野球は全然違う。日本の野球は頭を使う。キューバのようなラテンの野球はパワー。日本の野球に慣れていきたい」と語ったコラス。来日直前まで、母国のU-23の国内リーグに出場していたようで、実戦勘については問題はなさそう。

「練習もまだそれほど出来ていないし、100%のフルスイングは出来ていない。本来のスイングはこれからだよ」

 大化けする可能性を秘めるキューバの「二刀流」コラス。日本での第一歩を踏み出した。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

関連記事(外部サイト)