中日ドラ2ルーキーが“神走塁”連発 DeNAを足でかき回して勝利貢献

中日ドラゴンズのドラフト2位ルーキー京田陽太が“神走塁”連発と4安打で勝利に貢献

記事まとめ

  • 中日のドラフト2位ルーキー京田陽太内野手が24日のDeNA戦で“神走塁”を連発した
  • 京田は1回に出塁したが二盗失敗、3回と6回に好走塁を連発しこの日の主役になった
  • 打っても4安打で4-2の勝利に貢献し、DeNAは京田の足にかき回されて試合に敗れた

中日ドラ2ルーキーが“神走塁”連発 DeNAを足でかき回して勝利貢献

中日ドラ2ルーキーが“神走塁”連発 DeNAを足でかき回して勝利貢献

中日・京田陽太【写真:荒川祐史】

中日京田が4安打&足で魅せる

 中日のドラフト2位ルーキー京田陽太内野手が24日のDeNA戦(横浜)で“神走塁”を連発した。打っても4安打で4-2の勝利に貢献した。

 1回にレフト前ヒットで出塁したが二盗失敗。しかし“本番”はここからだった。

 3回2死二塁から右中間を破る打球で三塁へ到達。そこで京田の目に飛び込んだのは、右中間最深部で打球を処理した右翼手・梶谷からの送球を、定位置からかなり下がった場所で受け、そのままボールを保持したままの二塁手・石川の姿だった。

 京田は石川との数秒の“お見合い”後、一気に本塁へとスタートを切った。石川は慌てて返球し、中継に入ったロペスが本塁に投げた時には、京田は悠々と生還を果たしていた。

京田は6回にも好走塁、DeNA石川も意地見せる

 同点の6回にはライト前ヒットで出塁後、二塁まで進むと相手バッテリーの暴投で三塁へ。ボールがバックネットの方まで転がっているのを確認すると、スピードを緩めることなく、そのまま本塁へ突入。勝ち越しのホームを踏んだ。8回には投手前へ高いバウンドの打球で内野安打とするなど、この日は4安打の大暴れとなった。

 中継プレーがかみ合わずに3回に京田の好走塁を“アシスト”する形となった石川は、その裏の攻撃で先頭打者としてチーム初ヒットとなる左中間への二塁打。その後、三塁に進むと相手バッテリーの暴投で本塁へ。気迫のヘッドスライディングで生還して意地をみせた。

 しかし、この日の主役は京田。DeNAは京田の足にかき回されて、試合に敗れた。

関連記事(外部サイト)