大谷翔平「採点」、米スカウト5人が“匿名”公開 速球最高点、ハム称賛の声も

大谷翔平を米スカウト5人が評価 速球に最高評価で、育成した日本ハムも称賛

記事まとめ

  • 大谷翔平を米スカウト5人が評価し、投手としては『エース』になりうるとしている
  • 大谷翔平の速球には最高評価がつけられ、打撃ではパワーに高い評価がつけられている
  • また、田中将大やダルと違い、大谷翔平に無理をさせず育成した日本ハムも称賛している

大谷翔平「採点」、米スカウト5人が“匿名”公開 速球最高点、ハム称賛の声も

大谷翔平「採点」、米スカウト5人が“匿名”公開 速球最高点、ハム称賛の声も

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

スカウト5人が大谷翔平を評価…二刀流の実現「彼こそその選手」

 左太もも裏を痛めて戦列を離れている日本ハムの大谷翔平投手。それでも2軍施設で練習する姿をレンジャーズ首脳陣が見学に訪れるなど、メジャー球団からの注目が途切れることはない。米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」では、大谷に関するオリジナルの特集記事を掲載。カブスのフロントオフィスで25年働いたチャク・ワッサーストローム氏がメジャー球団のスカウト5人に聞き取り調査をした興味深い内容で、大谷がメジャー移籍を果たした場合、将来的には投手としては「エース」、打者としては「平均以上」になると総合評価を下している。また5人のスカウトは異口同音に「二刀流が実現できるとしたら、彼こそその人物」と絶賛している。

 ワッサーストローム氏は、匿名を条件にメジャー現役スカウト5人に、大谷のスカウティングリポートの公開を依頼。実際のスカウティングリポートで使われる「数値」による具体的な評価を投手編、打者編に分け、メジャー注目の“二刀流”を分析している。

 まずは、投手としての大谷だ。5人のスカウトは、現在の大谷を「2」から「8」までの7段階評価で、先発3番手との実力を持つ「6」と評価。将来的には、先発1番手か2番手を任せられる「7」になる評価をしたという。最高評価の「8」はメジャーを代表する「プレミア投手」を意味し、スカウトは滅多に「8」を使わない。また1人のスカウトは、日本とメジャーの環境の違いを指摘し、田中将大やダルビッシュ有のように適応できることを証明すれば「8」がつくと話したそうだ。

 スカウトたちは、いずれも大谷を速球で押す「パワーピッチャー」だと考え、ダルビッシュやバーランダー(タイガース)、クレメンス、ノーラン・ライアンと似たタイプだと指摘。「20」から「80」までの数値による評価では(メジャー平均は50に相当)、大谷の速球は最高点の「80」、スプリットは「70」、スライダーは「65」、カーブは「50」と判断された。球速160キロにも達する速球は、誰もが絶賛。比較的球数少なく長いイニングを投げられる上に、同じく評価の高い変化球でストライクを取れることを指摘しながら「滅多にないタイプ」と手放しで褒めている。

日ハムの育成法も評価、大谷は攻撃面でも「脅威になれる」

 同時に、プロ入り後、身体が出来上がっていなかった大谷に無理をさせず、「制限をかけながら育成した」日本ハムについても高く評価。「タナカやダルビッシュ、マエダは、20歳から200イニング近く投げさせられた。若い頃からエースの責務を負わされていた」とし、余計なプレッシャーをかけずに育成した球団を称えている。

 打者としての大谷は、現時点では平均的な「4」の評価で、将来的には平均を上回る「6」になると予測。打撃技術は「45」、パワーは「70」、走塁は「60」と評価され、野手として毎日プレーした場合は「おそらく打率.260から.270、20〜25本塁打の成績だろう」とスカウトの1人は語っている。外野手として、好調時のグランダーソン(メッツ)のようにパワーもスピードも持ち合わせた選手になれるだろうとも話している。

 また別のスカウトは「バムガーナーや(かつての)マダックスのように打撃の上手い投手もいるが、彼は攻撃面でれっきとした脅威になれる」と指摘。本塁打が打てるパワーが魅力と映っているようだが、中には大谷のセンスの良さと頭の良さを買っているスカウトもおり、打者として毎日プレーすれば開花する可能性にも触れている。

人間性も評価「すばらしい人間だと聞いている」、「一生に一度出会えるかどうかの選手」

 人間性についての評価もあり、これは平均を上回る「60」が与えられた。あるスカウトは「先発で8回を投げた翌日には、早出特打に出ていた」と指摘。「練習熱心で、チーム第一主義。すばらしい人間だと聞いている」と褒めている。

 興味深いのは、各スカウトがメジャーでの二刀流実現について「GMや監督、オーナーの判断になる」としながらも「実現できるとしたら、彼こそその人物」と語っている点だ。

 メジャーでは、高校や大学まで二刀流で活躍した選手も多いが、プロ入り後に投手か野手を選択。前例に従うなら「まずは打者で試して、通用しなかったら、投手転向が順当だろう」とするスカウトもいるが、5人が異口同音に話すのが「投手としても打者としても素晴らしい才能を持った選手。できることなら二刀流を見てみたい」という意見だ。

 これまで数々の才能を発掘してきたメジャーのスカウトに「一生に一度出会えるかどうかの選手」と言わしめた大谷。現在、戦線離脱していることについても、メジャー関係者は「誰でも怪我はする」と意に介していないようで、今季終了後にメジャー移籍を表明することになれば争奪戦は必至。「大谷狂想曲」はどれほどの大音量で響き渡るのか、今から楽しみだ。

関連記事(外部サイト)