イチロー今季初2戦連続先発も3打数無安打 歴代24位まで「14」本のまま

イチロー今季初2戦連続先発も3打数無安打 歴代24位まで「14」本のまま

イチロー 先発も3打数無安打

イチロー今季初2戦連続先発も3打数無安打 歴代24位まで「14」本のまま

アスレチックス戦に先発出場したマーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

アスレチックス先発グレイと中継ぎマトソンに抑えられる

 マーリンズイチロー外野手は24日(日本時間25日)、敵地でのアスレチックス戦に「9番・右翼」で今季初の2試合連続先発出場。2試合連続でのヒットが期待されたが、3打席無安打に終わり、打率は.153となった。チームは1-4で敗れた。

 正中堅手のイエリッチが右股関節屈筋を痛め、先発から外れたため、この日は中堅オズナ、右翼イチロー、左翼ムーア、正右翼手スタントンはDHで先発出場した。

 この日のアスレチックス先発は右腕グレイ。イチローは、2点を追う3回2死走者なしの第1打席にはハーフスイングを止められずに3球三振。3-1の6回先頭で迎えた第2打席は初球でバントを試みたが投ゴロに倒れた。

 3点を追う8回には、無死二塁という得点チャンスで打席に立ったが、カウント2-2から5球目チェンジアップに手を出し、三ゴロに倒れた。

関連記事(外部サイト)